top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ペルーの言葉  Lengua(レングア)=舌、言語  英:Tongue, Language

2013年10月26日

10月20日から23日にかけてパナマでVI Congreso Internacional de la Lengua Española(第六回国際スペイン語学会)というイベントが開催されていたとのことで、ここでスペイン語を母国語とする国々の間で、言葉の定義や用法に関する確認が行われたようです。

世界中でスペイン語を母国語とする人の数は495百万人、そのうちラテンアメリカ在住人口が370百万人だそうで、スペイン本国の人口が47百万人ですから、一割弱だけが本国に居て、75%がラ米となりますが、米国でのヒスパニック人口が50百万超との資料がありますので、北中南米だけで4億人以上がスペイン語を喋っているということになります。 公用語とする国と地域の合計は20で、英語(80)、フランス語(50)、アラビア語(27)に次ぎ、インターネット使用言語としては英語(27%)、中国語(23%)に次ぐ8%を占めるとのこと。

イベントは16年前から四年毎に開催されている様ですが、当時は米国でもマイノリティであったスペイン語人口は飛躍的に増えて、ニュースチャンネルCNNやスポーツ専門局ESPNもスペイン語での放送を行っており、テレビ・インターネット等国境を越えて言語が使われるようになると、言葉の定義や用法に関する確認が必要になる、という背景があるようです。

確かに20年前の最初の駐在時に比べると、テレビ放送が地上波から衛生波主体になり、ネット人口が増殖したことにより、中南米のスペイン語は平準化が進んでいるように思われます。一方で、本国スペインでは以前も書きましたが、標準語のカステジャーナの他にカタルーニャやバスク等の地域言語が明確に使い分けされていて、地方に向かう新幹線の中の表示が4地域後で表示されていたりして困惑します。

このイベントに関し、Publimetro紙に面白い特集がありましたのでご紹介します。 Peruanismo como senal de identidad(ペルー方言はアイデンティティの証)という見出しで、同じスペイン語圏の同じ単語でも、ペルー独特の定義や解釈があって、これがスペイン語という言語を豊かにしている、という趣旨です。

しかし、ペルーで日常使われている言葉の20%が地域固有の表現とのことで、ベネズエラで言葉を覚えた我が家のメンバーにとって、移住後一年以上経過した今も、知らない表現に戸惑う事が頻繁にあります。因みに典型的ペルー方言として紹介されている以下の単語、一つでも意味判りますか?(原住民言葉のケチュアではありません。)

roche、 chamba、 calato、 engreido、 chela、 bacan、 pata、 ampayar

こうした所謂方言や地域独特の言い回しも含め、まだまだ学習が必要です。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Σχόλια


bottom of page