top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 lanzamiento(ランサミエント)=投げること、発射、新事業の着手

2008年10月30日

今日のニュースはなんと言ってもベネズエラ初の人工衛星「Simon Bolivar」の打ち上げ成功でしょう。中国航天科学技術公司によりベネズエラ時間の本日正午過ぎに打ち上げられ、ベネズエラ南の赤道上空36km地点で静止軌道に乗りました。


打ち上げの模様は中国とベネズエラの二元生中継で約2時間に渡って伝えられ、Bolivar州に設置された衛星監視センターにはチャベス大統領の他、この衛星を活用できるボリビアからエボ・モラレス大統領も駆けつけ、両国独立の父の名前を冠した宇宙ロケットの発射成功を祝福していました。


この打ち上げ成功はベネズエラにおける中国の地位向上に大きく役立つものと思われ、チャベス大統領は「世界の資本主義が大きなダメージを受けた一方で、新たな社会主義は着々と成功をおさめつつあり、中国は社会主義の先進国家である」と手放しの絶賛を浴びせ、打ち上げ式典に出席していた中国大使も頻繁にカメラに映し出されていました。


この衛星打ち上げの目的は「通信・放送・教育の充実である」としきりに強調されていましたが、大統領本人は今日は軍服を着て式典に臨んでおり、なぜか中国を絶賛する際にヒロシマ・ナガサキの名前を連呼するなど、衛星打ち上げの真の目的が米国への核装備を意識したものであろうことは間違いなく、これに米政府がどのように反応するのか、興味深いものです。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page