top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉 preto(プレト)=黒い  英:black 西:negro

更新日:2019年1月29日

2015年6月13日

ポルトガル語とスペイン語が似ているとは、よく言われることで、確かにこちらがスペイン語で話しかければ、概ね言いたいことはブラジルの人に通じます。

一方、全く異なる言い回しも沢山あって、ブラジル人の言葉にチンプンカンプンになることもしばしばあります。


今日は月曜のフリーペーパーで見つけた記事からそうした違いを御紹介します。

サンパウロに於ける殺人事件の内容を分析したもので、「Seis em cada 10 homicidios na capital ocorrem nas ruas」(サンパウロ市の殺人事件の10件中6件は路上で発生)という見出し。(3ページ)http://publimetro.band.com.br/pdf/20150608_MetroSaoPaulo.pdf

ここで、殺人事件被害者の分析があって、2015年1月~4月の間にサンパウロで発生した410件の殺人事件を分析、被害者の89.1%が男性、年齢は多岐にわたりますが、肌の色で区別したモノがあり、それによると38.5%が白人(Branco)、8.7%が黒人(Preto)、46.7%が混血(Pardo)と記されています。

先ず、白=brancoですが、スペイン語ではblancoと、Lの字が使われますが、ポルトガル語では何故かRが入ります。黒いと言う意味のpretoはスペイン語ではnegroで、全く通じない単語になります。

茶色や薄墨色を示すpardoはスペイン語でも使われますが、混血を意味する際はmezclado(混ざった)と言うような表現が一般的であると思います。

他に赤を示すvermelho(ベルメーリョ)もスペイン語には無い単語。青(azul)や黄色(amarelo,スペイン語ではamarillo)が同じや似ているだけに、黒や赤という主要な色の表現が全く違うことに最初は大いに戸惑います。


で、Azulと言えば、ブラジルで国内線を運航を基軸とする航空会社の名前でもありますが、この会社のオーナーがポルトガルの国営航空会社TAPの株式の61%を買収することで合意したことが今週の大きなニュースの一つとなりました。

Azulはマイアミ等への国際線も飛ばしていますが、使用する期待はブラジル製Embraer社のものが中心で、小さいながら乗り心地と機内サービスの良さ(全席でデジタルテレビ放送が楽しめ、5種類のお菓子を何でも食べられる)で人気を集めています。

一方のTAPは、ポルトガル政府傘下の会社ですから、機体は古く、サービスも悪いと評判でした。(小生は乗ったことがないので何とも言えませんが。)

しかし、最近経済活動では中国政府による南米大陸横断鉄道のような変なニュースしか目立たなかっただけに、この買収劇はポジティブなブラジルの動きとして期待できそうです。


もうひとつ、今週のトピックスは昨日6月12日がブラジルにおける恋人の日(Dia dos Namorados)。他の国々では聖バレンタインデーとされる2月14日に設定されていますが、ブラジルでは一年で最大の祝祭であるカーニバルが2月にある為に、結婚の聖人とされる聖アントニオの日とされる6月12日が恋人の日になった様です。

今年は金曜日になったことで、木曜だった昨年以上に市内のレストランは恋人たちで混雑した模様です。


で、次のイベントは来週日曜の父の日。レストランもショッピングセンターも次から次に理由を作ってお客さんの勧誘に余念がありません。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comentarios


bottom of page