top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉 Parabéns(パラベンス)=祝賀・祝辞 英:congratulations 西:felicidades

2016年1月24日

来週の月曜1月25日はサンパウロ市の誕生日。 1554年のこの日にイエズス会の宣教師が拓き、462周年を迎えるこの街は人口約1200万人を擁する南米最大の都市であり、現在維持知的な経済危機に見舞われてはいるものの、今後も世界の中枢を担う役割を持つことは確実です。 この機会にサンパウロがどんな街なのかを紹介したビデオをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=lE26Q3obyvk 25日が市政記念日でサンパウロ市は祝日で多くの施設が休みになり、ここに事務所を置く我々も会社は休みになります。(国内の他の街の事務所は通常通り営業、日本じゃ考えられませんね。) 木曜日に通貨Real(ヘアウと発音します)がR$4.1655/US$と、1994年にCruzeiro RealからRealに変更となって以来の最安値を付け、税収も大幅に落ち込んでいることから、税金を投入した大規模な祝賀イベントは組まれていません。 ところで、不景気に苦しむ今のブラジルで、おめでたい話題の一つがアカデミー賞の長編アニメーション部門でAlê Abreu監督の作品「O Menino e O Mundo」(米国でのタイトルはBoy and the World)が候補に選ばれたこと。 📷 https://www.youtube.com/watch?v=6lFP8FVUwK8 この作品は昨今流行りのコンピュータ・グラフィックスを使わず、オーソドックスな手書きのセルで表現された現代ブラジルの様子をセリフ無しで表現した作品との事。残念ながら一昨年のブラジルでの公開時に見逃したので、自分で観た訳ではありませんが、日本では3月に公開されることになった模様。(邦題は「父を探して」)このタイミングで日本に行く機会があったら是非観てみたいものです。 昨年に続いて今年も主要な候補が白人だらけ、と批判を浴びているアカデミー賞ですが、2月28日の授賞式でParabens!となるところも是非観たいです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Commenti


bottom of page