top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ペルーの言葉 tabla (タブラ)=表、板 英:table, board

2013年12月1日

11月も昨日で終わり、今日からいよいよ師走を迎えます。 南緯12度のリマでは、これから夏になる訳ですが、今年は相変わらず曇りの天気が続いており、本格的な夏の到来はもう少し先か?と思わせる空模様です。

アメリカでは感謝祭ホリデーの最終日ということですが、ペルーの新聞は昨日からクリスマスモードの広告が紙面を独占するようになってきました。

Trujillo(トゥルヒージョ)という地方都市で11月16日から昨日まで開催されていたボリバリアーノ運動競技会(Juego Bolivariano)に関する記事が先週の紙面に多く掲載されました。 この競技会、ボリビア・エクアドル・ペルー・コロンビア・パナマ・ベネズエラのアンデス六か国が創設し、1938年から四年に一回開催しているプレオリンピックゲームで、今大会には上記六カ国に加えてチリ・パラグアイ・ドミニカ共和国・グアテマラ・エルサルバドルを加えた11か国4千人以上の選手たちが49種目の競技で競い合ってきました。 金曜日はペルー伝統の競技、女子バレーの決勝が行われ、宿敵ベネズエラを3-0で下して金メダルを獲得しました。

またペルーが圧倒的に強いのが、サーフィンです。今大会でも8個の金メダルを獲得し、2個二位ベネズエラを大きく引き離しての完勝でした。 日本ではあまり知られていませんが、ペルーは太平洋に面した多くの海岸でサーフィンに適した大きな波が寄せてきて、世界中のサーファーのメッカの一つになっているとのこと。 空港でも大きなtabla=ボードを持ったサーファー達を良く見かけます。 このサーフ天国ペルーを代表するのが、"Piccolo"ことBenoit Clemente選手で、今大会でも堂々の一位となったと報じられています。 http://elcomercio.pe/deportes/1665959/noticia-peruano-piccolo-clemente-nuevo-campeon-mundial-longboard リマの街は平たんなのでスケートボード(これはMonopatinと言う様です)で動き回る若者も多く見かけます。

ところで、月曜25日午後3時過ぎにリマ市南部を震源とするM5.8の地震が発生し、15秒程にわたって上下振動がありました。丁度社内会議中で、スケジュール表(tabla de programa)を見ながら打ち合わせをしていましたが、この揺れが収まった直後にビル管理会社から避難命令が発せられ、全員が建物の外に退避しました。 http://elcomercio.pe/actualidad/1664596/noticia-lima-fue-sacudida-nuevo-sismo-esta-madrugada 好景気で新築ラッシュが続くリマでは、お洒落なオフィスビルが増えていますが、外壁を全面ガラスで覆った建物が非常に多く、地震の後に外に逃げるのは良いのですが、こうしたガラスが降りかかってくるリスクも高いのではないか?との懸念を抱いた午後でした。 ...

[メッセージの一部が表示されています]  メッセージ全体を表示 添付ファイル エリア

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page