top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ペルーの言葉  rentable(レンタブレ)=利益になる、儲かる  英:profitable

2013年4月27日

今日のEl Comercio一面トップ記事は昨日に続いてスペインの石油会社Repsol社のペルー国内資産の国有化に関するもの。

”Expertos advierten que no es rentable la compra de Repsol”(レプソルの買収は儲からないと専門家指摘)

国有化と言っても、ベネズエラで行われているような強制的接収ではなく、ポートフォリオ見直しの為にペルーで持つ資産を売却しようというレプソル社の売却要請を受けて、国レベルでの購入を検討しているものです。


昨日金曜の一面トップでカスティージョ経済大臣が、ペルー政府として本件に前向きな姿勢を見せたことを受けての報道ですから、ネガティブな内容ではありません。

ただ、ペルー国内332のガソリンスタンド(Grifo)とリマ近郊にあるLa Pampilla製油所などの資産を一括で売却を希望するレプソルの条件が割高であるというのが今日の記事の趣旨。

📷 📷 この製油所は7万2千BDの製油能力を持つものの、老朽化による効率の悪化等で昨年は収益が70%も落ち込み、増収傾向のガソリンスタンドやガス宅配事業とは対照的に問題ある事業として指摘されていました。


急激な成長と活況を見せるペルー経済ですが、成長を支えるエネルギーの源、字の如くエネルギー(燃料・電力)産業の梃子入れは政府にとっても喫緊の課題である一方、日本のトンネル・橋梁の老朽化と同様にメインテナンスの不足が思わぬ支出を迫られることにもなりかねず、これからも大きな議論を呼ぶことは確実です。


今日の言葉rentableのスペイン語としての原型動詞はrentar。報酬や利益などを生じる、もたらすという意味ですが、ラテンアメリカでは、英語のrentの影響を受けて貸すとか借りるという意味で使われることもあり、はっきりと意味を聞き分けることが必要です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page