top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ペルーの言葉  Paloma(パロマ)=鳩  英:dove, pigeon

2013年5月26日

今週見つけた気になる記事は「Palomas en Lima ya son un riesgo para la salud」(リマのハトは健康危害のリスク)として、増えすぎたハトの存在が、呼吸器系疾患やアレルギーに重篤な危険を与えている、と知らせています。 http://publimetro.pe/actualidad/13675/noticia-palomas-lima-ya-son-riesgo-salud

これから冬を迎える南半球にあるリマですが、南緯12度で日本ほど冬至と夏至の日照時間の違いは無く、今の時期の日の出が06:23、日の入りが17:47の時間帯です。 (東京は5時頃から明るくなっていますね。)真夏(12月)でも朝五時半位。 何処の国でも朝一番に声を出すのが鳥たちですが、色々な種類の鳥たちによる美しい鳴き声の大合唱だったカラカスの朝とは異なり、リマの朝は鳩たちのポッポーという鳴き声から始まります。

また、市内の至る所にプラザ(広場)や緑地が配されていて、道路幅も広いのがリマの気持ちの良いところですが、何処に行っても沢山の鳩が群れていて、特に旧市街の大統領府周辺やサンフランシスコ教会の辺りは浅草寺の境内の様な鳩の大群が地面をギッシリ覆っています。 自宅の周辺でも、頻繁に鳩が来るので、我が家でも釣り糸を張って鳩の侵入を防ぐ仕組みを作ったのですが、それでも先般窓から家の中に飛び込んできたハトが大騒動を起こしました。

この記事によると、鳩の糞が堆積して行く過程で、サルモネラ菌や大腸菌が発生し大気中に拡散する、その菌を吸引すると、人によって下痢や嘔吐・発熱や呼吸困難・アレルギー等の様々な健康被害を齎すと警告しています。

平和の象徴などと言われる鳩ですが、明らかに過密状態にあるのがリマの現状で、San BorjaやJesús Mariaという区では、鳩に餌を遣るとS/.185(約7,400円)の罰金を科せられる決まりになっている様です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page