top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ペルーの言葉  invierno(インビエルノ)=冬   英:winter

2013年6月29日

今週後半のリマはほぼ毎日霧雨(llovizna)が降っていました。

基本的に雨の降らない街、リマですが、今年は異常気象であるようで、6月上旬までは珍しく晴れた日も続いたのですが、昨日発表された長期予報によると、この冬は25年振りの低温で、8月には霧雨が強まると、今日の一面記事で伝えています。

(llovisnas seran mas fuertes en agosto)

この霧雨は同時に高い湿度の元でもあり、昨日16:18の市内の気温は15℃、湿度は96%であったと記されています。

人々は完全に真冬の服装で、分厚いコートを着ている人も見かけます。 紙面の利益を確保するために、印刷版の本日紙面をデジタルに表示しないEl Comercioですが、電子版では以下のような記事が掲載されています。 Invierno en Lima: ¿por qué la humedad produce una mayor sensación de frío? (冬のリマ:なぜ湿気は寒さの原因になるのか?) 📷 夕方の路面がこんなに濡れているのは珍しい光景です。 日本の感覚で気温が15℃というのは決して大変な寒さという訳ではない筈で、通常10℃を下回らないと、寒い!と感じないのでは思いますが、ここリマでは真冬の湿気が高い為に日本よりも高い気温で寒いと感じるようになります。 一方でこの記事の中には “cuanto más seco está el aire más frío se siente”(空気が乾燥しているほど寒く感じる)という頓珍漢なコメントも出ていますが、出張や観光で数日滞在しているだけでは判らない寒さを実感しています。(ホテルは通常、空調が効いているので湿度も低め、温度は高めに設定されています。) まだまだ寒い日が続きそうですが、日本の蒸し暑さを思えば、これも我慢すべき気候と言うべきでしょう。 ところで、昨日6月28日はEl Dia Nacional del Ceviche(セビチェの日)でした。 セビチェというのはペルーの代表的な魚料理で、あちこちでセビチェを食べることから、セマナ・サンタ(聖週間)と同様、魚の相場が高騰していたようです。 http://www.wapa.pe/salud/2013-06-28-hoy-celebramos-el-dia-nacional-del-ceviche

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page