top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ペルーの言葉  fondo (フォンド)=底、奥、背景、スタミナ、etc...  英: bottom, depth, background, stamina, etc...

2014年2月8日

いよいよソチ冬季オリンピックが開幕しましたが、ペルーでは殆どこのイベントに関する報道はありません。

赤道から南緯18度の熱帯圏に位置するペルーでは、ウィンタースポーツはリマ市内に常設の小さなアイススケート場がある程度で、全く馴染みが無いと言っても過言ではありません。

しかし、昨日のPublimetro紙でペルー人選手のインタビュー記事を見つけました。

43歳のクロスカントリー代表、Roberto Carcelén選手です。

ペルーのスキー選手がどのようにして誕生したのか?ジャマイカ生まれのボブスレーチームの様な話ではなく、米国シアトルでマイクロソフトのアドバイザーとして勤務している間にクロスカントリースキー(esquí de fondo)にはまり、2010年のバンクーバー大会で史上初のペルー人選手として出場、今回二回目のオリンピックとなるとのこと。まだスキー歴は僅か8年で、既に二回のオリンピック出場とのこと。

また、アルペン競技でOrnellaとManfredという姉妹(苗字はOettl Reyes)もペルー代表として出場します。

彼女たちはドイツ人の父親とペルー人の母親の間に生まれたドイツ人でしたが、ドイツ国内予選に漏れたことからペルー人に転籍、やはり前回大会から出場しています。

📷

日本で彼等の活躍が報じられる機会があるかどうか判りませんが、熱帯のウィンタースポーツ選手への応援もよろしくお願いします。


ところで今日の言葉、Fondoですが、辞書では表題の様な訳語が示されていますが、ペルーではal fondoで(道を)真っ直ぐ突き当り、とか(食事の)メインディッシュと言った風に使われる使用頻度の高い単語です。

クロスカントリーをesquí de fondo(エスキーデフォンド)とまで言うとは知りませんでした。

奥の深いペルースペイン語、まだまだ修行はこれからです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page