top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Trueno(トゥレノ)=雷

2009年9月12日

今日土曜日の午前中は比較的好天に恵まれたカラカスですが、午後の天候は一転してTrueno(雷)が鳴り響き、Granizo(グラニソ=雹)が降ったかと思う間もなく大雨(Lluvia Fuerte、ジュビア フエルテ)、Temblor(テンブロール=地震)と、ありったけの自然現象が一度にやってくるという凄いことになりました。

小生は夏休みで遊びに来ていた長男を送ってMaiquetia(マイケティア)国際空港(海岸沿い)に居り、雹も地震も全く気付かない状況でしたが、風邪で昨日学校を休んだ次男が一人で留守番をしており、この珍しい気象に関する連絡を携帯電話に入れてくれたので、長男の出国手続き(inmigración)を確認後、慌ててカラカスに戻ったものの、大雨の後の毎度の現象として町中が大渋滞になっており、通常よりも1時間以上かけて漸く家に辿り着きました。比較的大きな地震(気象台発表によると震源地はカラカスから西200km以上のMoron周辺、最大震度はマグニチュード6.2)でではあったものの、街中も家も被害は無く、大雨以外の被害の爪あとは全く見られませんでした。

しかし、日本やアジア諸国でもあちこちで地震が頻発している昨今、大きな災害に繋がらないとも限らないこうした自然現象が、強硬な政治運営を続ける政権に対し、心理的不安感を増す材料になるのではないか、と懸念します。

📷

大雨の影響で洪水と化した街中の様子。多くのクルマが水没していました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page