top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 teleferico(テレフェリコ)=ロープウェイ

2008年10月27日

Teleferico(テレフェリコ)=ロープウェイとはあまり日常的でない言葉のようですが、カラカスでは極めて象徴的な乗り物として認知されています。カラカスの北側、カリブ海からそそり立つのが最高標高2000m超のアビラ山という屏風山で、いくつかあるピークに登る手段としてこのTelefericoがあります。


今日の新聞には「Cerraran el teleferico durante una semana(ロープウェイ一週間停止)」という記事が掲載されています。

このTeleferico、前回駐在の88年9月に乗ったものの、直後に運行が中止され、以後5年間一切動かなかったのですが、その後民間企業の手で全く新しい機器とともに再開、新たな市内観光の名所として再び人気を博してきました。しかし、昨年8月に国が接収、現在は観光省が運営しており、国営化された途端に運行が再び不安定になったとの噂もあります。


とは言え、このロープウェイの頂上駅から見下ろす標高900mのカラカスの街と、反対側のカリブ海のコントラストは絶景そのもので、先週末お客さんを案内して20年ぶりに登ったアビラ山は今も間違いなく世界有数の観光スポットであると感じた次第です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page