top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Sueldo(スエルド)=給料

2008年10月6日

今日は新聞に我がJ/VパートナーのPEQUIVEN(ベネズエラ石油化学公社)の役員給与の改定(revision de los sueldos)という記事が掲載されており、驚きました。


これは昨日チャベス大統領が遊説先で語ったとされるもので、政権取得して過去10年間、一貫して最低賃金(sueldo minimo)の引き上げを強制的に行い、貧困層からの支援を得てきた反面、大企業や資本家には厳しい態度をとり続け、優秀な人材や優良な資産家の海外逃避を助長してきた大統領が時々繰り出す「泣いて馬謖を切る」作戦で、実際にどれだけの給与削減が行われるのか判りませんが、年率30%

を超えるインフレの中、パートナーの皆さんの生活も相応に厳しくなることが懸念されます。


因みに良く似た単語でSuegro(スエグロ=舅、姑はSuegra)やSuerte(スエルテ=幸運)というのがありますが、今回の措置を受けた人達はMala suerte(マラ スエルテ=悪運、運が悪い)だったと言われるのでしょうか?

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comentários


bottom of page