top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Sismo(シスモ)=地震

2009年5月31日

最近 地震の話題が良く出ますが、昨日も二回の地震が発生しました。

一回目は午前02:34、カラカスの東約100kmの海中にあるエルピラール断層(Falla de El Pilar)地下5kmを震源とするもので、マグニチュードは3.5。

二回目は午前10:02、カラカスの西約300kmの町エルトクヨ(El Tocuyo)にあるボコノ断層(Falla de Bocono)地下1.3kmを震源とするマグニチュード3.8の地震。

どちらもカラカスでは殆ど感じないものでしたが、5月4日未明にカラカスでマグニチュード5.7の地震があって以降、小さな地震が頻発しています。

ベネズエラは元々地震国で、定期的に大型の地震が繰り返されていて、最近の記録では1900年と1967年に大きな地震でカラカス市内の建築物が大きな被害を受けています。かつては街の中心がセントロ(Centro)という、カラカス市の西側に位置していましたが、開発が進むにつれ、東と南に人口が移動して、現在は外資系企業や外交官事務所の多くが街の東側に居を構えています。ただ、この地域は断層の近くにあり、地盤が弱いとの指摘もあり、1967年の地震でも建築物の倒壊の被害が最も多く出たこともあり、大地震の周期が50年前後であるとすると、そろそろではないか?との声もあちこちで上がっています。

ただ、地震発生国の割には構想建築もいい加減な造りの建物が多く、実際に大きな地震が来た場合、かなりの被害が出ることも予想されます。

地震を表すスペイン語には他にTerremoto(テレモト)、Temblor(テンブロール)という言葉もありますが、どういう使い分けであるのかは不明です。(以前の駐在の際はTerremotoの方が頻繁に使われていたと記憶します。)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page