top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Salsa(サルサ)=ソース(料理)、サルサ(音楽)

2008年10月21日

日曜に発生した大停電(apagonという表現が一般的)は、その後は再発も無く、また全国的に節電を呼びかけるような動きや原因究明に関する発表もないまま既に火曜日も終わろうとしています。

(このヘンが本当に情けない国です。)


 昨日の表現La falta de la luz(停電)で思い出したのが、20年前にラテンアメリカで一大旋風を巻き起こした日本のサルサバンド「Orquesta de la luz(オルケスタデラルス=光のオーケストラ)」です。

サルサというのは当時のラテンアメリカ全般で流行っていたリズムで、米国でも大いに流行しており、このグループの曲「Salsa cariente del japon(サルサ カリエンテ デル ハポン=日本からの熱いサルサ)」はどこに行ってもかかっていた曲の一つです。


日本では丁度少し遅れてランバダが流行っていた頃ですが、スペイン語が話せない日本人のサルサバンドが当地ベネズエラにもコンサートに来て大変な盛り上がりでした。


今年は日本人のベネズエラ移民80周年の年に当たり、今週は日本文化紹介週間ということで、ベネズエラ人のジャズピアニストが和風のジャズを紹介したり、ベネズエラ人の和太鼓奏者が完璧な佐渡太鼓を披露して当地を沸かせています。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

תגובות


bottom of page