top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Placa(プラカ)=プレート、薄板 英Plate

2010年2月27日

チリの首都サンチアゴ付近で発生した地震で大勢の被災者が発生した模様です。被害の状況は明らかになっていませんが、同じ南米の地震国として用心を強化したいと思います。

さて、今週は出張で久しぶりにニューヨークに行ってきました。

空港からホテルに向かうタクシーが渋滞で停まった際に、ふと隣の車のナンバープレートに目をやって驚きました。

「Live Free or Die」(自由に生きよ、さもなくば死を)という標語が入ったニューハンプシャー州のプレートですが、「これって社会主義ベネズエラでよく見かける標語と殆ど同じじゃないか!」と思ったからです。

📷


ベネズエラでは、ここ数年の間に社会主義化が進んで、石油公社PDVSAや石化公社PEQUIVEN、或いは金属公団とも言えるガイアナ開発公社CVGグループ各社の事務所や工場に行くと、必ず目にするのが「Patria, Socialismo o Muerte」(愛国、社会主義さもなくは死を)という過激なスローガンで、最初にこれを目にした時は、正直言ってギョッとしたものです。

そもそもこのスローガン、ベネズエラ統一社会党(Partido Socialista Unido de Venezuela)のものであり、国営企業がこれを掲げるということに今でも違和感を覚えずにはいられないのですが、殆ど毎日のように繰り返される政府のプロパガンダを目や耳にするうちに、慣れてしまっていました。

しかし、今回米国で似たような(というか元祖的)スローガンを目にして改めてこの標語に思いを馳せました。


改めて米国史を紐解くと、ニューハンプシャーは1776年1月に当時の13州に先駆けて州憲法を批准、アメリカ合衆国独立の先駆けとなった州であり、「独立による自由を勝ち取れないならば死を選択する」という強い想いが6ヶ月後の独立宣言に繋がった訳で、今でもこの精神を大切にしよう、というのがこのナンバープレートに込められたメッセージな訳です。


翻って我がベネズエラのスローガンですが、もともとキューバのスローガンである「!Socialismo o Muerte!」に愛国の一字を加えたものであると聞いていましたが、そのキューバの標語はどうもこのニューハンプシャーの言葉に由来するであろうことを思うと、やはりキューバもベネズエラもアメリカ合衆国とは切っても切れない関係にあるのだろうな、と感じた次第です。📷


ところで交通渋滞がどんどん悪化するベネズエラですが、これまで何度か渋滞緩和政策として「El dia de parada」(止まる日)としてPlacaの末尾一桁の数字の奇数偶数によって運転してはいけない日というのを設けて交通量を制限しようとしてきました。しかし、この政策は逆に奇数と偶数の両方のクルマを持って交互に運転すれば良い、という消費者の判断を呼び、却って自動車の流通量を増やす逆効果を呼んだだけに過ぎないという結果をもたらしています。本当なら、1リットル2円という異常なガソリン価格をせめて10倍の20円位にして、無駄な運転を止めさせるよう仕向ければよいのですが、過去にこれで暴動を発生した経験があるだけに、怖くてここに手を付けられないというのは強気の現政権でも同じようです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Kommentare


bottom of page