top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉  Navidad(ナビダ)=クリスマス

2009年11月21日

先週はパソコンの不調でネットアクセスが全く出来なかった上、ここのところ愚政による暗い話題ばかりだったので、少し違う話題を追加します。 

11月も後半になると世の中は完全にクリスマスムードに包まれますが、今年は消費の低迷で、製造業も小売業も昨年同期比10%前後の落ち込み、しかも失業率も1.4%増えて8.1%に達していると中銀が発表しました。(まだ暗い!)

そうした中、報じられたのが「Precios de los ingredientes para las hallacas se incrementaron 20 % la última semana」(アヤカの原材料費が先週から20%値上げ)というもの。Hallaca(Hayacaとも書く)はベネズエラのクリスマスに欠かせない料理で、トウモロコシの粉を練ったものにオリーブや豚肉・鶏肉などを入れ、バナナの葉に包んで凧糸で縛り、茹でて調理するもの。日本のおせち料理のようなもので、各家庭にそれぞれ独自の味付けがあり、クリスマスの時期は事前に大量に作りこんだ冷凍Hallacaを茹でて毎食のように食するのが当地の風習です。

レストランに行っても食べることはできますが、特にこの時期plato navideño(プラト ナビデーニョ=クリスマスの皿)というクリスマスメニューが登場し、Hallacaの他にPan de jamon(ハム入りパン)という同じくクリスマス独自のパンと一緒に食べます。昔はこれにPonchecrema(ポンチェクレマ)というミルクリキュールを飲むのが習慣でしたが、最近は似たような風味のBaileysに押されて、この飲み物はすたれ気味です。

📷

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page