top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Miliciano,na(ミリシアーノ、ミリシアーナ)=民兵、義勇兵 英:Militiaman(woman)

2010年4月18日

いよいよ来る19日は独立宣言200周年記念日ということで、盛り上がってきました。

今回ご紹介するのは13日に行われたチャベス開放8周年記念行事の一こま。ロシアや中国から大量の兵器を買い込んで、正規の軍組織ではない民兵(milisianos)にバラ撒き、チャベス義勇軍として訓練を行い、その披露を行いました。

3万人以上が参加して行われたカラカスでのこの行事、たまたま小生は国内出張でカラカスに居なかったので助かりましたが、例によって道路が封鎖され街は大変な渋滞に見舞われたようです。

Hugo Chávez exhibe a sus milicianos armados en un desfile en Caracas (チャベス大統領がカラカスで武装した民兵を披露)

📷

チャベス大統領は「女性の地位向上」を頻繁にアピールし、こうした式典でも必ず女性を表彰する場面をテレビで流します。

これが家庭での主権を握る主婦層に受け、高いチャベス人気を支えている訳です。

200年前の独立戦争以後、本格の戦争に巻き込まれた経験の無いベネズエラでは、家族を戦争で失う悲しみというものも経験が無く、写真の老婆のような人たちが嬉々として武器を手にする様は、日本人の感覚からは不気味なものに映ります。

ともかく歴史上あまり意味の無い記念日の為に祝日となる19日が月曜なので、3月末の拡大セマナサンタに続き、また連休になるベネズエラでは、週末あちこちで行楽地に向かう渋滞が発生していました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page