top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Microondas(ミクロオンダ=電子レンジ 英Microwave)

2010年2月12日

いよいよカラカスでも節電に関するルールが発表されました。500 kwを超える大口消費家庭は少なくも20%の電力を減らすことを義務付けており、前年同月の消費量と比較して消費が20%減った場合、50%の料金が割引、10%減った場合は、25%が割引になるものの、10%以下しか減らない場合、75%の割増となり、10%以上の増加で100%割増、20%以上増えると200%の割増となるとのこと。


早速自宅の電力消費を調べてみたところ、なんと昨年ピーク時に748kwもの電力を消費していることが判明。しっかり節電しないと大変な金額を請求されることになるようです。748kwの消費で請求された電気代がBsF.194で、Devaluation前の政府レートで約US$90、Deval後のレートでUS$45、並行レートでUS$32程度と、日本の家庭用電気料金と比較すれば相当安い訳ですが、それでも罰則的増額請求は回避しなければなりません。


家の中の電気製品を見回してみよう、と新聞に電力の参考消費量が掲載されていました。

まず消費量の圧倒的な部分を占めるのが電気コンロ。都市ガスのシステムは存在せず、ガスコンロはボンベで供給されるプロパンのみというベネズエラでは、多くの家庭が電気コンロで調理しています。(ガスコンロは貧民街で多用されています。)この消費量が4.5kwhで、続いて洗濯物の電気乾燥機(2.5kwh)、電気温水器(1.5kwh)、ヘアドライヤー(1.2kwh)、アイロン(1kwh)、食器洗機(0.5kwh)、洗濯機(0.5kwh)、冷蔵庫(0.35kwh)と生活に必須の電気機器が並びます。


日本の電気製品と比べると、個々の製品の電力消費が相当大きいように思われます。日本で販売されている冷蔵庫は最大級の400Lタイプでも0.05kwh、洗濯+乾燥機でも1.4kwhなので、電気製品全てを交換すべきとも思われますが、普段から電圧の変動が激しく、日本から持ち込んだ家電製品は壊れ易いというのが当地の実情でもあります。

生活スタイルを変えずにこれらの消費を減らすのは相当厳しい感じですが、一方白熱電球(0.1kwh)を節電タイプの蛍光灯(0.02kwh)に変えるだけで5分の1の節電になるとのこと。熱し易く切れ易い白熱灯に代えて家中の光源を蛍光灯に切り替える必要がありそうです。


ところで今日の言葉Microonda(電子レンジ)も通常1.2kwhと上位に位置する電気製品で、政府は電子レンジの使用を制限するよう、呼びかけています。

因みに商店等の場合はより深刻で、毎週の使用量が検査され、最初の検査で使用量が増えた場合は警告で済みますが、第2週目の検査で消費が減っていない場合、24時間電気の供給停止、第3週目には48時間の停止、第4週目以降も是正されない場合、永久に通電停止となり、経営に与える影響は料金割増で済む一般家庭とは大違いです。この結果、商店やレストランで自前の小型発電機を設置するケースが急増しているのが今のベネズエラの最新トレンドです。

ただ発注済み分も含めた臨時発電装置が全部稼動し始めると、今度はガス不足が懸念されることになりそうで悩みのタネは尽きません。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page