top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Matrimonio(マトリモニオ)=婚姻、結婚式  英:Marriage, Wedding Ceremony

2010年12月5日

昨日12月4日は会社の仲間Franklin君の結婚式。 仲間と言ってもこちらは50歳、彼は31歳になったばかりで、どちらかと言うと長男(20歳)に近い若者。

その彼が5年間付き合ったガールフレンドと漸く結婚することになった訳です。


結婚式は教会で執り行われる所謂典型的カトリックの様式ではなく、日本でも流行の人前婚(Matrimonio Civil)で、こういう形の式に招かれるのは初めてのこと。会場はカラカス国際空港の近く、海岸リゾートにある小さなレストランで、家族と新郎新婦の職場の同僚数人づつというこぢんまりとした、しかし心の篭ったパーティーでした。


夕方18:30開宴という案内をもらい、生憎の豪雨やいくつかのトラブルがあって、結局15分くらい遅れて到着。ベネズエラでは珍しく、既に殆どの招待客(と言っても家族中心)が集まっており、既に二人による署名は終わった後で、発泡酒とおつまみ(Pasapalo)が振舞われ始めたところで、新郎新婦への祝辞が次々に披露され、大いに盛り上がりました。しかし、ここはベネズエラ。時間が過ぎるに連れ、会場はダンスパーティー会場と化し、サルサ(Salsa)やメレンゲ(Merengue)、レゲトン(Reggaeton)といったダンス音楽が大音響で流れ、時計はあっと言う間に深夜12時を周り、カレンダーは5日(日)に切り替わりましたが、宴会が終わる雰囲気は一向にありませんでした。こうなるともう、こちらの体力が付いて行かない状況なので、新婦側の同じ年頃のオジサン家族が帰るのに便乗して新郎新婦に挨拶をしてこっそり会場を出てきました。


結婚披露宴のことはBoda(ボーダ)とも言い、ホテルやレストラン・新婦の自宅といった会場の他、Fiestejo(フィエステホ)というパーティー会場でも開催されます。


ところで、11月に終わらなかった雨は12月に入っても降り続き、この土曜日も昼過ぎから降り始めた大雨の影響でカラカスから空港に降りる高速道路のあちこちで土砂崩れが発生し、大きな岩も転げ落ちてきて非常に危険な状態でした。また、この雨はカラカス周辺以外でもあちこちに大きな被害をもたらし、有志の人達が街頭のあちこちに古着や生活用品の募集所を開いており、カトリック教国の懐の深さを感じさせています。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page