top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Manifestacion(マニフェスタシオン)=デモ、示威行動

2010年1月31日

今週は今までに無くmanifestacionの多い一週間でした。

先週土曜日の独裁終了記念デモは反政府派も大統領派も単なるお祭り気分で目抜き通りを練り歩いた、という行事でしたが、RCTV(ラジオ カラカス テレビシオン)の強制閉鎖をきっかけに、学生達が政府系テレビ局VTV(通称8チャンネル)やConatel(Comisión Nacional de Telecomunicaciones de Venezuela=放送通信監督局)の前に集まり、抗議行動を起こしました。


これに対し、政府は催涙弾やプラスチック弾だけでなく、実弾やマチエテと呼ばれる山刀などで学生達を威嚇し、実際に死傷者も発生する騒動に発展しています。


日本でも民主党に政権が移行して以来、Manifesto(政権公約と翻訳されていますが、スペイン語では声明書、宣言文という意味)が話題になっていますが、こちらのManifestoは抗議の意思を表すことに用いられています。更には大学生を中心とした若者が、不自由を強いる現体制に抗議行動を起こしていると言う点で、日本の60年代後半から70年代初めのエネルギーを感じさせ、今は非常に条件の悪い国になってはいるものの、しっかりと意思表示をすることが出来る若い力が成長してゆく過程で、必ず環境は好転するものとの期待を持たせてくれています。(若者の実力では日本よりベネズエラの方が上であろうと思われます。)


Grupos chavistas atacaron a estudiantes de la UCAB.(チャベス支持派がアンドレスベジョ・カトリック大学の学生を攻撃)という記事が30日のEl Nacionalに掲載されていますが、添付の写真は学生が抗議する様子を写したもの。学生が持っているプラカードにはChavez tas ponchao(チャベスはピアウト)と書かれています。金曜日にベネズエラリーグの優勝決定戦(カラカスレオネス対バレンシアマガジャネス)の最終第7戦が行われ、チャベス大統領が応援するMagallanesでなく、(政府反対派の多い)カラカスが勝ったことは反対派の心理に大きな影響を与えたようです。特にこの優勝決定シリーズ緒戦はMagallanesが9対0で圧勝した後だけに、「頑張れば流れは変わる」という印象を有権者に与えたことは間違いありません。


因みに野球のカリブシリーズ第一戦はマルガリータ島でベネズエラ勝者レオネスとメキシコ代表が2日(火)に行います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page