top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Madre(マドレ)=母   英:Mother

2012年5月12日

明日5月第三日曜日は「母の日」。今の日本では単なる商業主義的祝日になってし まっている感のあるこの日は、ベネズエラでは真剣に母に感謝する日として、大切 にされています。

この大事なイベントを前に、我等がチャベス大統領は4月30日から不在にしてい た祖国に帰ってきました。 昨晩金曜夜10時到着ということで、またまた夜行便での移動となっています。こ れは日中の移動では渋滞が酷くなることを配慮して、道の空いている時間帯を選ん でくれているのだろう、と思われます。

その大統領、今回のキューバ滞在で5回目とも6回目とも言われる放射線治療を受 けたとの報道がありましたが、映像で観る限り開腹手術や数次の放射線治療を受け ている患者の姿には見えません。 明らかに強力な神の御加護を受けている奇跡の男、という次のシナリオに向けて 着々とイメージプランを重ねている、というところでしょうか。

Chávez "sin molestias mayores" terminó tratamiento

空港に到着し、Jaua上席副大統領以下主要閣僚の出迎えを受けた大統領、今回はタ ラップを降りると直ちに会見を始めました。 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zZNkZcKMs8Q

20分の演説の中で、先ず母の日を祝う為に帰国したこと、母なる祖国の為にまだ 働くこと、と母という言葉を連発し、元々支持率の高い女性票を意識した演説が繰 り広げられました。 また、インフレ率の低下や国内生産の向上に対して留守中各担当閣僚が頑張ったこ とを誉め称え、大統領不在でも十分に政府が機能したことを強調していました が、勿論、インフレ率が下がったことも、国内生産が向上していることも、誰も確 認できたことではなく、違和感を禁じえませんが、盲目的支持者は統計を読む力も ありませんから、こうした話を鵜呑みにし、政府の成果を評価することになるのか も知れません。 また、反対派が国内に暴力をもたらし、遥か遠い国々と結託してベネズエラの評判 を落としめている、という批判もしっかり盛り込んで、最後には母を称え祖国を讃 える歌まで歌ってサービス満点の20分間となりました。

一方で、市内のLa Planta刑務所で先週発生した受刑者300人の集団脱走事件は全 く解決の目途が立っていない模様で、昨日は地下鉄Chaca駅(丸の内線銀座駅のよう な位置付け)で強盗による殺人も発生、多くの母親が子供の安全に対する懸念を増 す状況になっています。 Rayma Rayma  Rayma La Plantaと言うのは刑務所の名前ですが、植物や工場と言う意味 (英:Plant)。真ん中のLas Cuatro Estacionesは四季という意味です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page