top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 gripe porcina(グリーペ ポルシーナ)=豚風邪

2009年5月2日

既にWHOから風評被害防止の為に「豚インフルエンザ」という単語を使わないよう指示が出た結果、ベネズエラでも今日の新聞からはgripe porcina(豚風邪)でなくla influenza AH1N1(AH1N1型インフルエンザ)という表現に変わっています。(昨日はメーデーで休刊日)

ベネズエラはメキシコとの地理的距離が日本よりは近いこともあって、多くの人達が新型インフルエンザの流行を恐れて、普段は粉塵を扱う工場あたりでしか見られないマスク(Tapaboca=口を塞ぐもの)をしている人を空港で多く見かけました。(その他の場所では滅多に見ません。)

📷

今日の一面記事は「新型インフルエンザワクチンの製造を開始」というものですが、ベネズエラで生産される訳ではなく、La Organización Mundial de la Salud (OMS)=WHOの発表を載せただけのもので、ベネズエラにワクチンが届く頃にはこの問題も収まっているだろうと思われます。

porcinaという単語は英語のswineと同様に豚を言い表す些か古めかしい単語であり、レストランやスーパーで豚肉について標記される際はcerdo(セルド)やcochino(コッチーノ)という単語がpigやporkに相当する単語として良く使われます。

豚肉はベネズエラの肉料理ではマイナーな存在で、牛肉や鶏肉が主流を成しています。

一方、風邪(gripe)はポピュラーな単語であり、気候の温暖なカラカスでも建物の中を冷房でガンガンに冷やす傾向があり、外に出る時は軽装でも、事務所の中では厚着という人が大勢います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page