top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 gripe(グリーペ)=流行性感冒、風邪  英:flu, influenza

2011年3月20日

今週も毎日日本の情況が一面やトップニュースで報じられ、国内関連では学生のハンガーストライキが中心の報道でしたが、金曜日にメリダ州で国内初のAH1N1(豚インフルエンザ)による死者の発生が伝えられるや、国民の最大関心事の一つになってきています。

昨日土曜日の朝刊では、Ultimas Noticias紙のみが一面報道しましたが、本日のEl Nacional一面では「Confirmados 56 casos de gripe AH1N1 en el estado Mérida」(メリダ州だけで56件のAH1N1型流感確認)として、警戒を呼びかけています。 今年も既に3月下旬に入った訳ですが、未だに気温は上がらず、朝晩のみならず、曇天の日中でも肌寒い日が続いていて、明らかに例年と異なる気候気象であることは、世界的な現象とは言え、気味の悪いことです。

勿論、地震・津波の大災害を被災し、更に寒波に襲われている東北地方の皆様のご苦労に比べれば当地の低温等は全く比較になりませんが、メリダ州というのは標高5千メートルを超えるアンデス山脈の基点を持つ高地であり、普段から低温で知られている地域です。 とは言うものの、街中でマスクをした人の姿はまだ全く見当たらず、これが2年前の豚インフルエンザのような騒動になるかどうかは判りません。寧ろ人々の関心事はまだ日本の原発の情勢に注がれています。 一方、今朝のトップニュースではチャベス大統領の盟友カダフィ大佐率いるリビア政府軍への欧米連盟の攻撃が報じられています。

こうした情勢を踏まえ、大統領のスピーチも控えめになっていますが、今日の番組でどういう発言があるのか、注目されます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page