top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Feliz!(フェリス)=幸福な、適切な frlicidad(フェリシダ)=幸福、幸運

2009年12月23日

いよいよ2009年も年の瀬を迎え、カラカスの街も先週までの喧騒から徐々に休暇モードに入って来ました。今年の年末は「La Navidad se asoma tímidamente en las calles」(通りのクリスマスは”しみったれ”」等と政府系新聞でも酷評されるように、大統領の「電気使うな!」論調に合わせてクリスマスイルミネーションばかりか街灯の点灯も控えられ、暗い雰囲気を漂わせています。

📷📷年末に設置されるキリスト生誕人形も今年は電飾無し


一方で大統領はとことん健在で、昨日も“Arepera Socialista”(社会主義のアレパ、アレパはベネズエラのローカルフード、トウモロコシ粉で作ったハンバーガー風簡易食品)を開発した商業省を称え、1個5ボリーバル(固定レートで約210円、平行レートで約80円、通常の販売価格は20ボリ前後)の新製品発表会を開催し、社会主義が如何に庶民の味方になっているか、自慢し新聞やテレビで発表していますが、これはもうお笑いの域に達した政策としか言い様がありません。(一見、日本の百円MACと同じレベルですが、コスト高のベネズエラでは相当無理のある価格設定です。)

📷新製品「社会主義アレパ」の注文をするチャベス大統領


ともかく今年1年も色々なお笑い政策に翻弄され続けた訳ですが、来年こそは本当に良い意味で笑うことが出来るようになって欲しいと心底願います。


今日の言葉FelizやFelicidadは一般に「おめでとう」の意味で使われ、年末のこの時期はFeliz Navidad(クリスマスおめでとう)、更にはFeliz Fin de Ano(年末おめでとう)やFeliz Ano Nuevo(新年おめでとう)をまとめて言うのが一般的挨拶です。

では皆さんも良い年末・年始を過ごされますよう。Felicidades!!!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comentarios


bottom of page