top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Expropiacion(エクスプロピアシオン)=接収・収用 英:expropriation

2010年5月8日

今週は先週に引き続き、精肉業界と政府のせめぎ合いが何度もニュースとして取り上げられていました。末端価格を低く抑え、支持層である低所得者層にアピールしようとする政府側と、コストを下回る販売価格を強制されて、業務停止を余儀なくされる精肉業者との確執は、まだ暫く続きそうです。今週の報道で興味深かったのは、牛肉一頭当りの体重を450kgと想定した場合、精肉として販売できるのが60%に当る270kg、これを政府指示価格である平均単価Bs.F11.11で販売しても、一頭当りBs.F3,000の売り上げにしかならず、とても商売にならないという精肉協会のコメント。US$に換算すると$697(Bs.F4.30/$)、先週から大幅に下落している並行レート(Bs.F7.80/$)では僅か$384という計算になります。流通業者に末端価格を支配されている日本の生産者と同様、非常に厳しい状況と言えます。


更に今週は「カラカス近郊の都市MaracayのカントリークラブがAragua州政府に接収される」(Expropian espacios del Country Club de Maracay)というニュースが話題を呼びました。

Aragua州というのは首都カラカスを含むMiranda州の西隣で、食品工業の中心地でもあり、州都Maracayはカラカスから車で1時間半程度の距離にあるので首都との人・モノの往来も盛んです。この州知事Rafael Isea氏は、有名な大統領派若手政治家の一人ですが、昨年の大統領宣伝番組Alo Presidenteでチャベス大統領を迎えた番組放送中に「ゴルフはいかが?」と声を掛け、「馬鹿モン、ゴルフはブルジョアの遊びであり、社会主義の敵だ!」と一喝されたことで更に有名になった人物です。この模様は、チャベス大統領が尊敬するキューバのカストロ・チェゲバラ両氏がゴルフに興じる写真と共に動画サイトに掲載され、反対派に揶揄される結果を生んでいます。 


こうした経緯から、Isea知事は汚名返上の為に「社会主義の敵」であるゴルフ場の接収に踏み出したものと思われますが、当然のことながら、地元経済界をはじめ、多くの反対を受け、同クラブは事実上の閉鎖に追い込まれている模様です。


そもそも、ベネズエラのカントリー・クラブの多くはゴルフ場だけでなく、プールやテニスコート・乗馬場などを備えた社交場となっており、家族全員が安心して寛げる数少ない安全な場所になっています。従ってこうしたクラブには、政府派の石油会社重役等も頻繁に顔を出し、会社ではアポイントを取る事が困難な人物でも、意外に会えたりするメリットもあるのですが、こうした事情から、反政府派だけでなく、政府派の中にも今回の処置を苦々しく思っている人たちは多いようです。


一方、カラカス市内では50年代のJimenez独裁政権を打倒するきっかけとなった1957年1月23日の暴動を記念した地区23 de eneroの塀に、マシンガンを持ったキリスト像が描かれ、物議をかもしています。勿論、カトリック教会関係者は「神の冒涜である」とする一方、過激な一部大統領派は「平和維持の為には武装が必要」としてこの落書きを支持。善良な多くの市民は殺伐とした気持ちでこうしたニュースを眺めています。

📷

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page