top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Espiga de la caña(エスピーガ デ ラ カーニャ)=砂糖キビの穂

2008年11月30日

取引先のあるValencia(カラカスの西約200km)はクルマでしか行けない上、常に渋滞が発生して往復5時間以上掛かるので、週に2回も往復すると、それだけで大変なところですが、楽しみなのは車中から見る周辺の景色の変化の観察です。


途中に砂糖キビ(caña)畑が広がっている地域やバナナ畑の地域などが見られ、それぞれの作物の出来を確認しながら走っていますが、最近砂糖キビ畑が劇的な変化を見せています。

それはススキの穂のような穂(espiga)が出て、一面が銀色に輝いて見えること。この穂が出ると砂糖キビも収穫期を迎えます。


昔から何かしらモノ不足が発生するベネズエラですが、最近は砂糖(Azúcar=アスーカル)やコーヒー(Café=カフェ)が出回らず、売っている店の噂が立つと、皆そこに押しかけて買っています。砂糖キビが収穫期を迎えたことで、間も無く砂糖の生産もピークを迎えることになります。これで砂糖が入手しやすくなることを期待しつつ、来週もバレンシアに行ってきます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page