top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 El Sistema(エルシステマ)=エル システマ(音楽教育システム)

2009年2月20日

スペイン語の名詞はo(オ)で終わると男性形、a(ア)で終わると女性形というのが一般的ですが、

数少ない例外の一つがこのsistema(英=system)という単語です。

ベネズエラではEl Sistemaと言えば、Jose Antonio Abureu博士が1975年に発足させた、貧困層の

子供達を対象とした音楽教育による救済プログラムのことで、今や世界で活躍する若手指揮者の

Gustavo Dudamel等、多くの優秀な若手音楽家を輩出していることで、世界的に有名な活動となって

います。

このEl Sistemaの大きな成果であるOrquesta Sinfónica Simón Bolívar(Simon Bolivar Youth Orchestra)が昨年12月に訪日した際のコンサートの模様が今晩のNHKテレビで放映されますので、是非ご覧下さい。

2月 20日( 放送時間 22:30~0:45 ) 【特集】「ベネズエラの俊英ドゥダメルとユース・オーケストラ」

【公演コーナー】  ①「グスターボ・ドゥダメル指揮 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ演奏会」

<曲目> 「ダフニスとクロエ」組曲第2番(ラヴェル)  交響曲 第5番 ホ短調 作品64(チャイコフスキー)ほか <出演> シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ (管弦楽)  グスターボ・ドゥダメル(指揮) <収録> 2008年12月17日 東京芸術劇場 大ホール 

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page