top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 El equipaje(エル エキパヘ)=荷物

2008年12月21日

今朝の新聞El Universalの一面トップは「政府は旅行者用ドル枠を縮小」(Gobierno recortará cupo de dólares para viajeros)とういう見出しで、現在年間一人当たり5千ドルに設定されている個人の旅行用ドル枠を半分程度に削減しようとするというもの。日本でもわずか30年前までは海外旅行時の外貨の持ち出し規制が存在していた訳ですが、年間一人当たり5千ドルが3千ドル以下になるということは、海外旅行そのものが極めて困難になるということです。


国内で流通する商品の7割以上を輸入に依存するベネズエラでは、中産階級以上の国民は出張や休暇を利用して海外で多くの商品を調達することになっていますが、この措置により、海外での外貨の使用が現行以上に難しくなる訳で、当然のことながら、また色々な抜け道が考案され、汚職に繋がる懸念もあります。


一方、海外旅行に縁の無い低所得者層も帰省の為のバスの切符の手配が困難になっており、切符を入手するために延々と列を作って待ち続ける市民の写真と共に「忍耐も荷物のうち」(LA PACIENCIA ES PARTE DEL EQUIPAJE)という記事が同じ一面に掲載されています。


明日からの一時帰国休暇に備え、我が家でも荷物作りをしましたが、年明けには忍耐を強いられるこの国に帰ってくるのだという思いで荷物を詰めた次第です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page