top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 dispuesto(ディスプエスト)=準備ができた、用意のできた

2008年11月3日

昨日のチャベス大統領の発言として「Estoy dispuesto a sentarme hablar con Obama(オバマと話し合いの席に付く準備は出来ている)」という見出しが付いていますが、実際の演説ではObama氏の実名を挙げずにhombre negro(黒い男)と呼んで、自分と同じ黒人混血であると親近感を表す一方、これまで悪魔呼ばわりしてきたBush大統領の後継候補で白人でもあるMcCain氏への嫌悪感を示唆しています。


先の南アフリカ訪問時には自分を含めたベネズエラ人の祖先がアフリカであると発言し、国内の白人層の不興を買った大統領ですが、世界的金融危機や原油価格の暴落で国内の金融不安を世界と共有する

ことになった現在は、黒人系混血という共通点を持つことを全面に出して、これまでひたすら罵詈雑言を浴びせ、自身で悪化させてきた米国政府との関係回復のきっかけをつかもうとしているように思われます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page