top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 despropósito(デスプロポシト)=的外れ、見当違い、場違い

2009年8月20日

今日の新聞El Universalの見出しの一つが「Provea: Es un despropósito insinuar que hubo provocación en agresión a periodistas」(ジャーナリストへの攻撃は彼らからの挑発に基づくものであるとの解釈は的外れであり、証明できない)というもの。

今月に入って最もホットな話題となっている新教育法の制定を巡り、新法を強制しようとする政府側と、これを受け入れられないとする教育者を中心とした反対派との間で大きな論争が繰り広げられており、先週木曜日12人のジャーナリストが新法反対のビラ配りをしていたところ、大統領派に襲撃されて大怪我を負わされた事件が毎日話題になっており、今日の見出し記事は「ジャーナリストの挑発が大統領支持派の暴力を招いた」として、攻撃側を擁護したチャベス大統領を非難する内容のものですが、こうした報道がまた、大統領派によるジャーナリズム攻撃への引き金になるのではないか、と読者はハラハラしています。

5月に発表されたテレビ局Globovisionの閉鎖問題を皮切りに、「言論の自由の剥奪」が問題になっている一方、先週はチャベス大統領が「ゴルフはブルジョアのスポーツであり、ゴルフ場を住宅地に切り替える為に没収する」と発言し、多くの海外メディアから攻撃を受けています。

2016年のオリンピックの正式競技にゴルフが採用された直後の発言としては、甚だdespropósitoな発言ですが、大衆受けを狙っているという点では、某国首相の日の丸発言と似たようなものであると言えるかも知れません。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

コメント


bottom of page