top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉  derrame(デラーメ)=流出、漏出  英:spillage

2012年2月22日

先週、Monagas州で発生した油送管破裂事故のことをお伝えしましたが、Guarapiche川に流れ込んだ原油は、カリブ海に達し、環境汚染が深刻化しています。

政府の発表では、この事故は既に完全に解決済みとの事ですが、報道管制が厳しく敷かれており、実際の被害がどの程度であったのかは、他の石油ガス施設で頻発する事故が正確に報道されないのと同様に、極めて不透明感の強い状況に変わりは有りません。

📷

大統領予備選挙の結果は、既に御案内の通り、カラカス大市長のラドンスキー氏が総投票数307万票のうち、180万票余りを獲得して反対派統一候補に選出され、敗れた他候補達は、同氏の指示に回って現政権の打倒に協力する事を直ちに表明しました。

この辺りの潔い動きは、日本の政治家には望むべくもなく、民主主義のレベルの高さを感じさせてくれる結果となっています。

📷

最後に良いニュース。2月12日に発表された米国音楽の祭典、グラミー賞のクラッシック部門で、ベネズエラの若き指揮者、グスタボ・ドゥダメルが受賞しました。

📷

 今回は、出張先のリマからiPhoneを使って文字入力を試みましたが、正確な文字を打ち込むのは、かなり大変な作業でした。

文字入力にはiPadの方が遥かに楽ですね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page