top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 demora(デモラ)=遅延  英:delay

2011年5月15日

今週は前半に国内出張、後半に国外への出張に行ったものの、毎回飛行機の遅延に見舞われ、大変な目に遭いました。


先ず、月曜日、早朝07:30発の国内線に乗るために05:00起きで空港に出かけたところ、いきなりフライトキャンセル。

11:30の便に振り替えてやる、と恩着せがましく言われ、従順に待ったものの、13:00を過ぎても当該の飛行機は現れず、「マラカイボで整備中」とのこと。

結局、空路を諦め、陸路で行こうとしたものの、行き先を変更してバルセロナからバレンシアへ。

こう書くと、スペイン旅行の話?と良く訊かれますが、どちらもベネズエラ国内の地名で、バルセロナはカラカスの東約300km、バレンシアは西200kmの歳です。南米中にはスペイン本国を模した地名が沢山ありますので、ご旅行の際はご注意下さい。


先々週ご紹介したNueva Yorkも、イギリス人が新Yorkと付けたものだし、日本でも札幌の手前に新広島がありますね。

で、バレンシアで一泊し、火曜は05:00に出発して陸路を500km東のバルセロナに向かって平均時速120km以上で飛ばしました。(飛行機の予約が満席で取れなかった為。)


かろうじて昼前にバルセロナに到着し、午後一杯かけて打合せを済ませ、バルセロナの空港からカラカスに帰ろうとしたものの、このフライトも3時間遅れ。カラカスに帰って来たのは22:00過ぎでした。


後半の出張はニューヨーク。かつては一日最低2便あったカラカス-ニューヨーク直行便は、今や週末だけの週2便。反米を唱える政権の所為か、この仕打ちは駐在員には非常に厳しいものになります。

直行で飛べば片道4時間半のところ、マイアミやアトランタ等を経由して飛ばねばならず、今回はマイアミ経由で、カラカス-マイアミが3時間、マイアミ-ニューヨークも3時間と、乗り換えを入れると正に一日仕事となります。


往路はほぼ順調に行ったものの、帰りの乗り換え地マイアミで、一旦乗った飛行機を降ろされ、別の飛行機に乗り換えて3時間遅れで漸く深夜にカラカスに戻りました。


飛行機の遅延はベネズエラの国内線だけでなく、米国の会社、特にアメリカンは非常に時間にルーズ、というのが小生の印象です。


今週は飛行機の遅延待ちだけで13時間以上を費やしたことになります。しかし、こうしたことに鈍感になれないと、ベネズエラでの生活は大変かも知れません。空港にあるフライト状況を知らせる掲示板、1時間以内の遅延はdemora(遅延)とは表示されません。何事も1時間の遅れは誤差の範囲内です。


そして漸く帰ってきたマイケティア(カラカス)国際空港、既に約一ヶ月近く空港に繋がる水道が故障しており、トイレの入り口に「No hay agua」の張り紙と、大きな水桶が置かれていますが、これを見ると「やっと帰ってきた」とヘンな安心感に包まれたのは、最早完全にベネズエラ化した証拠でしょう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page