top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Cumbre(クンブレ=頂上、首脳会談)  英:Summit

2011年12月3日

今週はカナダ・米国を除くラ米+カリブ海の33カ国によって形成される新しい共同体であるCELAC(Comunidad de Estados Latinoamericanos y Caribeños)の発足会議がカラカスで開催されるということで、政府にとっては気合いの入りまくった一週間となりました。


何しろ米国とカナダを除く33カ国の首脳が一堂に会する訳ですから、警備も非常に厳重となり、市内の高級ホテルは部屋の確保が大変な状況となりました。


一方、メキシコのカルデロン大統領が「カラカスで国際会議?あんなに渋滞の酷い処で本当にやるのか?」と発言した(らしい)ことを受けて、11月29日(火)に突然「12月2日(金)は全国の学校とカラカス首都圏の公共機関を休みにする」と発表、カラカス市内の渋滞の原因となっている子供の送り迎えを無くすことで、渋滞を緩和する措置を講じました。


会議はカラカスで開催されるのに、学校は全国で休みとなったことで、確かに渋滞は緩和されましたし、日本でもサミット会議や要人来日の際に交通を一部遮断することはありますが、学校は何かにつけて休校扱いになるので、また教育を軽んじているという批判の声も上がっています。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

bottom of page