top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Camino verde(カミノ ベルデ)=近道  英:shortcut

2011年7月9日

久々にチャベス大統領が帰ってきました。7月5日の独立記念日の前日4日に突然テレビに登場し、元気な姿を国民に披露していました。

この4日は、6月30日のハバナからの病状告白放送の翌日に発せられた官報で急遽国民の休日になって、元々祝日の5日も併せ週末が四連休となったものですが、どうやら大統領はより高い視聴率での凱旋放送を狙って休日化指令を出したようです。

📷 大統領府から帰国の報告をするチャベス大統領


日本では各地で梅雨明け宣言が出ているようですが、ベネズエラでは断続的に降雨が続いており、相変わらず各地で豪雨による地滑りや道路の陥没被害が多発しています。

📷📷


今週の言葉、camino verde(直訳すると”緑の道”)ですが、辞書には載っていない俗語の様です。渋滞の多いベネズエラでは、タクシー運転手など、道路のプロが渋滞を如何に避けるかいつも腐心しています。彼らが使う裏技(近道)を、業界用語でcamino verdeと言うようです。

和西辞書を引くと、近道=atajo(アタホ)と出ていますが、近道をする=tomar un atajo等という表現は、中々耳にすることがありません。どなたか専門家にお尋ねしたいと思います。


で、この近道ですが、大統領は6月30日のヘロヘロ会見で国民の不安を煽り、反対派を勢い付けた直後、元気に帰国したことで、大統領派(oficialismo)の人々は益々チャベス氏を「神様のような人」と崇めるようになっているように見受けられます。

自らの病気をも逆手に取って自分の有利な方向に持ってゆく手法、正に王道と言うか、近道を心得た大衆心理操作手法と言えます。


勿論、チャベス氏の道は緑ではなく赤なので、Camino rojoということでしょうが。

因みに緑は野党COPEI(キリスト教社会党)の、白はAD(民主行動党)のシンボルカラーで、その他の政党も独自の色を主張しています。


尚、先週土曜日はカラカス日本人学校の運動会で、日本の伝統に則って参加者を赤組と白組に分けて会を進行したのですが、運動会参加者の半分以上を占めるベネズエラ人参加者の皆さん(貧困層とは異なる層の人々)には、チャベス大統領のシンボルカラーである赤色を応援することにためらいがあったようで、応援合戦の盛り上がり方に明らかな差(白は元気、赤はイマイチ)があったように見受けられました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page