top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉  aumento(アウメント)=増加  英:increase

2011年10月30日

1年ぶりに日本に出張して来た為に、ニュースを毎日フォローできていませんでした。

そこで、気になった二つの増加のニュースを御紹介します。


両方とも大統領の支持を得たもので、最初はセメントの価格。2003年以来据え置かれていたという価格が1袋BsF.15からBsF.20に上がるということですが、毎年30%近いインフレ率で価格が上昇しているベネズエラにおいて、2008年に一斉に国有化が宣言・実施されたセメント業界は既に疲弊しきっており、この程度の値上げ承認があったと言っても、簡単に業績が回復するとは考えられません。

Chávez autoriza aumento en los precios del cemento

📷


もう一つは、軍人給与の昇給のニュース。

本人も軍人出身である大統領は、2002年のクーデター未遂、2003年のゼネストを切り抜けた功労を認め、これまで定期的に軍人の給与をインフレに合わせてあげてきました。しかし、下士官である少尉の給与がBsF.3,750、最上級の大将がBsF.11,850となっていますが、士官とは言え、最下位に当たる新社会人相当の少尉の給与は、最低給与に近いものであり、本当にこの水準で体制を維持できるのかどうか?非常に大きな疑問となります。


更に、大統領が優遇している軍人の給与ですらこのレベルであるとすると、警察官や医師、教員といった職業の人達のレベルが如何に低いか、推して知るべしということでしょうか。

因みに、公定レートはBsF.4.30/$ですから、 少尉の月給はUS$872、大将であってもUS$2,755しか得ていないのか、或いは他の収入があるのか?謎は深まるばかり。そう言えば、大統領の月給は2年前にBsF.2,200と宣言されていたように記憶します。

📷昇給発表を揶揄するRaymaさんの漫画。


日本でも政治家の給与引き下げが話題になっていますが、実態が益々見えなくなっているというのがベネズエラの現実です。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Kommentare


bottom of page