top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 aprehensión(アプレエンシオン)=逮捕 英:arrest 葡:apreensão

2018年1月27日

今週は10年前に二回目のベネズエラ駐在となって着任したときに最も権勢を揮っていた二人に、厳しいニュースが流されました。

一人目はベネズエラのRafael Ramirez氏。

📷

2004年から14年の11年もの間、ベネズエラ石油公社PDVSAの総裁を務め、同時にエネルギー鉱山省の大臣でもあった人物で、チャベス前大統領の存命中は故人の信任を最大に受けて、大統領に次ぐ権力者でしたが、元々民間のエンジニア出身であり、チャベスの死後、軍部が掌握する政府からは疎まれ、国連大使のポストを得て国内に距離を置いていました。そのポストも昨年末にマドゥロ大統領によって解任され、今週は遂にサアブ検事総長から国際指名手配の対象として逮捕状を用意したと発表されました。https://es.panampost.com/orlando-avendano/2018/01/25/dictadura-venezolana-aprehension-rafael-ramirez/ 世界一の埋蔵量を誇るベネズエラの石油産業を崩壊に導いた張本人ですから、逮捕されても文句は言えませんが、同じ穴のムジナの抗争、ではマドゥロやカベージョはどうなんだ?と首をかしげざるを得ません。 2メートル近い大男のラミレス氏とは何度か会う機会がありましたが、握手したときの印象は亡きチャベス大統領と同じく、柔らかい手の人だな、というもので、この図体に似合わない高音でか細い声から、随分イメージとかけ離れた人と感じたものです。 二人目はブラジルのルラ元大統領。 📷 在職中の汚職で起訴され、一審で有罪宣告を受けて控訴審で争っていましたが、今週水曜日の判決で、一審判決支持が言い渡され、今年10月の大統領選挙への出馬は極めて困難な状況となりました。 http://www.ultimahora.com/abogado-entrega-el-pasaporte-lula-la-policia-federal-brasilena-n1130809.html ルラ氏とも握手を交わしたことがありますが、その手は流石元金属加工工の苦労人と判るゴツゴツした感触で、チャベスやラミレスの柔らかさとは好対照と思いました。2003年から11年までの大統領在職中は圧倒的な支持率を背景に南米中に君臨し、チャベスを通じてベネズエラから巨額の資源マネーをブラジルに吸収し、自身の政権基盤強化に充てた訳ですから、これまた許されるべきではなく、然るべき贖罪をして欲しいと思いますが、この二人に下された判断を見ると、政治家の10年は恐ろしいものだと、うすら寒く感じる次第です。 今週は日本からのお客様に随行して、パラグアイのJuan Afara副大統領にもお目にかかりましたが、自分と同じ年齢のAfara氏の手の感触は、Santa Rosaという農村で育ったことをシッカリ伝えるゴツゴツ感に満ちていました。 📷 http://www.abc.com.py/edicion-impresa/politica/juramento-de-cartes-en-el-senado-seria-motivo-de-una-crisis-politica-1668320.html 今年はコスタリカ(2月)・パラグアイ(4月)・コロンビア(5月)・メキシコ(7月)・ブラジル(10月)の他、ベネズエラでも4月に大統領選挙が行われるといわれており、首長が変わる節目の年でもあります。新たに選ばれた人達が10年後も安寧の暮らしを続けておられるべく、まっとうな人物が選ばれる様に願わざるを得ません。 ところで、今週サンパウロから来た出張者が、パラグアイに何度も来ていて初めて黄熱病予防接種の証明書イエローカードの提出を求められたといっていました。 http://www.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000506.html 従来からブラジルでの流行を受けて可能性は示唆されていましたが、正式に渡航要件となったのは初めてかも知れません。 ブラジル経由パラグアイにお運びの方はご注意願います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page