top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 Aduana(アドゥアナ)=税関

更新日:2019年1月9日

2008年10月1日

本日、エクアドルからコロンビア経由カラカスに帰ってきました。

今回はラテンアメリカ・タイヤ代理店会ということで、担当のFranklin君と一緒に出向いたのですが、ベネズエラと比較してあらゆる面で優れていると感心しながら帰国の途に就いたつもりが、土壇場でイメージダウンの事件が起きました。

F君の趣味は年齢(28歳独身)に似合わず、南米の歴史と骨董の収拾で、今回の出張でも暇を見つけて民芸品店に行って遺跡の出土品のレプリカ(我々から見ると稚拙なお土産品)を買って喜んでいたのですが、出国の際、空港職員から呼び出しを受けて別室に連れてゆかれました。

何事か、と尋ねると、税関(Aduana)のX線検査で手荷物をチェックされた際、「歴史遺産を無許可で持ち出そうとした」ということで、折角買った安物(一つ20ドル程度)の土器を没収されたとのこと。彼にとっては、それまでエクアドルに対して抱いていた良いイメージがこの一件で吹っ飛んでしまったようで、帰途はかなりガッカリしていました。

こういう事は、出張や観光で来られた方にも当てはまりますし、エクアドルだけでなく、以前ベネズエラでも同じような話を聞いたことがありますでの、骨董風の買い物には十分にお気をつけ下さい。

尚、キト市内の写真が開けなかったとのご意見を承りましたので、改めて添付します。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page