top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 abogado,abogada 弁護士

2008年9月21日

ベネズエラに赴任すべく名古屋を出発したのが今年3月20日。 早くも半年が経過したものの、自分のスペイン語力が15年前の前回駐在時からあまり進歩していない為、自己学習の意味も込めて「ベネズエラで使われるスペイン語」を紹介することで、少しでもこの国の魅力と、実態が伝わればと思い、当地で使われるスペイン語をお伝えすることにします。

尚、スペイン語の名詞には男性名詞と女性名詞がありますが、基本的には冠詞が男性名詞の場合にはEl(単数)/Los(複数)、女性名詞の場合にはLa(単)/Las(複)となるだけです。


abogado,abogada 弁護士  日本でもおなじみ寿司のカリフォルニア巻きに使われる果実のはAvocadoで、当地ではAguacateと呼ばれています。 法学部を卒業することで弁護士資格が取得できるという点では欧米と同じで、多くは日本の医師などと同様、親が弁護士なら子供も弁護士にするという世襲パターンが多く見られます。

ベネズエラに何人位の弁護士が存在するのか不明ですが、企業内弁護士も含めると相当人数の弁護士が存在するようです。

仕事の質も千差万別で、優秀な弁護士を如何に選ぶか、進出企業にとっても重要な課題です。 因みに一文字違いでabobado,daという形容詞があり、これは「馬鹿な、ぽかんとした」といった意味になります。abobadoなabogadoと契約しないよう、注意が必要です。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page