top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ベネズエラの言葉 IVA(イバ)=付加価値税、消費税

2009年3月29日

出張でテキサス州サンアントニオに来ていますが、「SALE」の札を掲げて安売りをしている店が目立ちます。特にデパートなどはかなり激しい値引きをして客の目を引こうというコーナーもあり、物価の高いベネズエラの感覚では、つい手が出てしまいがちになります。しかし、ここで気をつけなければならないのが消費税。テキサス州の税率は8.125%で、単価いくらという値札のものを買ったのに、意外と高いという感じになります。


一方我がベネズエラのIVA(impuesto al valor agregado、インプエスト アル バロール アグレガード=付加価値税)率は現在9%、これが来る4月1日から3%引き上げられ、12%になります。


原油価格の暴落はベネズエラ経済に漸く影響を与え始め(今までは選挙対策として大本営は事実の公表をしてこなかった)、今年の予算上の原油収入算出基礎単価を$60/バレルから$40に修正しました。次いで打ち出されたのがこの消費税率の改定、増税です。


政府は更に主に高級車に使用されるハイオクガソリンの値上げも検討しており、物価の上がる春を迎えます。


20年前に発生した大暴動は、当時行われていた特恵為替レートを撤廃し、急激なインフレとモノ不足が発生したところに、政府がガソリン価格値上げの発表をしたことから発生したもので、この暴動を取り締まる側にいたチャベス氏が、民衆に同情して起こしたのが92年のクーデターですから、今後の物価水準の動きからは目が離せない状況になりつつあります。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page