top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉 virada(ビラーダ)=方向転換・ラストスパート・逆転  英:turn 西:vuerta

2016年1月2日

明けましておめでとうございます。Feliz ano novo!

サンパウロで過ごす二回目の年末年始は涼しい毎日でした。30日までは珍しいシトシト雨が続いて肌寒く、31日は日中晴れて夜になって少し雨が降ったものの、カウントダウンに続いて花火の打ち上げがあった深夜は再び綺麗に晴れあがり、市内各地で打ち上げられる見事な花火を満喫できました。 これまでもカラカス・バレンシア(ベネズエラ)、キト(エクアドル)、リマ(ペルー)で新年を迎えて、どの場所でも新年のカウントダウンと同時に上げられる花火の見事さに感激しましたが、今年のサンパウロは不景気で街中のクリスマス飾り等が非常に地味だったわりには、この年末花火だけは豪華で、パウリスタ通りの花火も15分ほどの間、間断なく打ち上げられました。 深夜通りに出向いた昨年とは作戦を変えて、今年は夕方18:30に大通りを封鎖して行われる街頭コンサート「Virada 2016」を早めに観に行き、その後は家で夕食後、屋上にテラスバーのあるホテルに出向いて花火見物をしようと22時過ぎに出掛けたのですが、近所に三カ所あるホテルの屋上はいずれも満員御礼で入れて貰えず、已む無く家に帰って来て27階建ての16階に位置する我が家のベランダから花火見物を味わいました。 http://www.obaoba.com.br/shows/noticia/festas-de-reveillon-2016-em-sao-paulo https://confiramais.com.br/reveillon-na-paulista-programacao-dos-shows-da-virada-de-ano-novo-em-sp/ http://fotografia.folha.uol.com.br/galerias/40988-ano-novo-pelo-mundo#foto-577636 この作戦も悪くなく、サンパウロの花火をライブで観ながら、世界有数のリオの花火をテレビで同時に見物することが出来て、花火マニアには素晴らしい一夜となりました。 去年も観に行ったViradaコンサートですが、去年は遅めの時間に出向いたら十万人以上の観客が集まった会場に近付くことも叶わず、その反省から今年は早めに出掛けた結果、ステージ真ん前の会場で観ることが出来たものの、ここにたどり着くまで二回の厳しいボディチェックがあって、テロにおびえる時節を感じる場面でもありました。 📷 世界最大規模のリオデジャネイロ コパカバーナ海岸の花火 花火同様にブラジルの不景気を感じさせなかったのが、年末29日に出掛けたサンパウロ郊外の高原リゾートCampos do Jordao。ここは標高1500m以上の森の中にある避暑地で、今の時期と7-8月にサンパウロのお金持ちが集まる場所で、ここの民宿で一泊してきました。 何で不景気を感じなかったかと言うと、市内では最近、高級住宅台であってもアパートや一軒家にAluga/Vende(貸/売)と言う不動産屋の張り紙があちこちの玄関や窓に貼ってあるのですが、何故か高級別荘や週末アパートが密集するCampos do Jordaoでこうした表示をあまり見かけず、大勢の避暑客で賑わっていたことが不景気を感じさせないとの理由です。 一夜明けて元旦のサンパウロは前夜の喧噪とは打って変わって極めて静か。大晦日に日本食レストランで買ってきた御節の重箱と、自家製の雑煮を食べながら、日本的元旦の朝を長女と次男を含めた家族で楽しみました。 で、昼から今度は海岸のリゾート、Guarujaに出掛けたのですが、どこの通りもクルマで一杯、ビーチにはびっしりとパラソルが建てられていて、往年の江の島海岸を彷彿とさせる賑わいをみせていました。 ホテル予約サイトの情報では、年末年始の同地域のホテル空室率は5%未満、殆どの宿が随分前から予約で埋まっており、飛び込みで泊まれる部屋は一泊千ドルほどの超高級ホテルのみであったのが印象的でした。 勿論、正月早々そんな混雑した処に泊まるつもりもなく、夕方サンパウロに戻ってきましたが、午前中まで晴れあがっていた天候が一転して大雨。この雨は二日朝まで続き、今日土曜も終日雨模様の愚図ついて低温の一日となっています。 大手二紙の正月版 📷 Folha紙の一面トップはBrasil pode perder ate 2.2 mi de vagas formais neste ano(ブラジルでは今年2.2百万人が失業か)という超暗い見出し 📷 O Estado紙はGoberno livera mais verbas para parlamentares(政府は下院により多くの予算)と、こちらも政治的迷走が続く内容。 日本の新聞の元旦版は広告も含め分厚いモノですが、ブラジルでは分厚い新聞はクリスマス前の駆け込みプレゼント需要と休暇準備バージョンまでで、元旦も二日も新聞は極めて薄っぺらな見かけと内容で、明日も含め拍子抜けの三が日になりそうです。 本格的な改革計画の発表などを盛り込んで、本当の意味のvirada=方向転換を果たす決意や逆転の発想を示してもらいたいものですが、読者の少ない正月版では、リキんでも仕方がないという事でしょうか。 因みに元旦は多くの店が閉まっていましたが、今日二日土曜日はレストランも含め、多くの商店が通常通りの営業を行っています。

個人的には昨年は計画していた案件が成就できなかったことから、今年こそはViradaを果たしたい、と思います。

本年も宜しくお付き合い下さいます様、お願いします。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page