top of page

ブラジルの言葉 propina(プロピーナ)=賄賂 英:bribe 西:soborno

2014年9月7日

全米オープンテニスにおける錦織選手の決勝進出はブラジルでも大きく報じられました。

http://www1.folha.uol.com.br/esporte/2014/09/1512168-japones-bate-djokovic-e-vai-a-primeira-final-de-grand-slam.shtml(日本人がジョコビッチを破ってグランドスラム決勝進出)

ブラジルでは現在サッカー20チームが競うCopa do Brasil(ブラジル杯)が行われており、W杯の準決勝での敗退は遠い昔の事の様に、毎日ブラジル杯の様子がトップニュースの一つとして報じられています。

今回の錦織選手のニュースは地元のサッカーよりも大きく報じられた訳で、テニスがあまり盛んでない

ブラジルに於いては珍しい現象と言えるかも知れません。日本からの報道でも、海外で本件は大きく

報じられた、となっていますので、ブラジルも例外ではない、と言うことですね。


今週は英国の雑誌に世界のトップレストランが」掲載され、そのラテンアメリカ地区トップ50も紹介されたと日本の友人が知らせてくれました。

このトップ10リストにはペルーのレストランが3店、ブラジルのレストランが2店入っていますが、ペルーの順位を観る限り、オシャレで今風の人気店が評価される選考の様で、伝統的な味を好む人の参考にはならないかもしれません。


さて、今日の言葉propinaですが、今日の各新聞の一面トップを飾る記事で、国営石油会社PetroBras

の元役員が政治家に賄賂を渡していたとの内容が紹介されています。

📷

大統領・州知事・上院議員選挙を一か月後にして、テレビでも各政党や候補者の宣伝が頻繁に流れる

ようになり、道端にも選挙用の立て看板(撤去が簡単なのか、何故か立て看板です。)が沢山置かれる

ようになって、この種の醜聞の応酬も激化してくるものと思われます。


ところで、Propinaという単語は、スペイン語圏では「チップ、心づけ、祝儀」と言う意味で使われますが、ブラジルでは賄賂の事を指すようで、使い方に注意するようにポルトガル語の先生に注意されたばかりのタイミングでこの記事が出ました。


別の金融雑誌に取引先の役員が優秀経営者賞を受賞した、との記事も出ていたのですが、上の

レストラン選考にしてもなんとなく背後にブラジル流propinaの香りがするように感じます。

その意味で、実力でのし上がってきた錦織選手の決勝での活躍に期待したいと思います。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page