top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉  pousada(ポサダ)=旅館、民宿  英:inn

2012年9月1日

今週は出張でブラジルの地方都市に行ってきました。地方の州の人口23万人という首都で宿に泊まったのですが、ここの名前がhotel pousada。ポサダはスペイン語ではposada、自宅の一部を旅人に提供する、いわば民宿のこと。


見た目は立派なホテルなのに、なんか変だと思って調べてみると、ブラジルではhotel pousadaというのは決してチープなイメージの言葉ではないようで、ネット検索するとリゾート地等でも沢山出てきます。ただ、この旅館、洗面所の水道の蛇口がプッシュ式で、しっかり押し込まないと顔も洗えない設計。恐らく漏水防止の為でしょうが、世界中の色々な宿に泊って、居室の洗面所にこのタイプの器具を見つけたのは初めてなので、記念に写真を撮って来ました。

📷 📷

左:洗面所、コップも無いので歯磨きの後は手で水をすくいました。 右:コンセント 電圧は110Vですが、ソケットの形がスペイン・フランス風、因みにペルーもこのタイプです。


さて、翻って我がペルーの宿泊ですが、Hotel以外にもあちこちにあるのが、ペルーの旅館hostal(オスタル)です。

これもネットで調べてみると、何とUS$5程度から宿泊可能な施設が沢山出てきますが、比較的治安の良い地域にもhostalはあって大勢の旅行者が利用しているようです。

先日も同期の仲間の息子さんが大学の卒業旅行でペルーに来てこういう宿に泊まることになっていたので、安全確認の為に部屋を見せて貰いましたが、中は清潔で立地も良く、また空港からの送迎サービスもあって、大変便利そうに見えました。


ベネズエラにもこうした宿はありますが、今や治安の問題があって日本人にはお勧めできません。

しかし、経済発展がまだまだ進むその他の中南米地域では、観光に力を入れている国も多いので、旅行で行かれる際にはpousada(ポルトガル語)やposada(スペイン語)、hostal(葡・西・英)を利用する機会も出てくるかもしれません。

因みに、今回泊ったhotel pousada、宿泊料金はサンパウロ市内の日系ホテルと同じレベルでした!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page