top of page

ブラジルの言葉  pato(パト)=アヒル、カモ、間抜け  英:duck  西:pato

2015年10月17日

10月も半分経過し、いよいよ明日からは夏時間Horario de verãoの始まりで、今夜の深夜に時計が一時間進められます。来年2月20日の深夜まで日本との時差は11時間になりますのでご注意ください。

今週のサンパウロは40℃近くになる汗ばむ陽気でしたが、今日は午後から曇ってきたと思ったら、急に肌寒い気候になって、霧雨の降る今の外気温は20℃以下になっています。

で、気候変動にバテたようなアヒルの人形がブラジルのあちこちに登場しています。

実はこのアヒル、気候でバテた訳ではなく、政府が進める景気対策の一環としての増税政策に反対するものです。

ブラジリアにはサンパウロ州工業連盟FIESPが用意した高さ12mのアヒルの胸にNao vou pagaro Patoというメッセージが書かれていますが、Pagar o patoと言うのはアヒルを払う、ではなく「尻ぬぐいをする」「費用を持つ」と言う意味で、政策のミスで足りなくなった経費を増税で賄おうとする政府に強烈な反対メッセージを送ろう、と設置されたもので、サンパウロ市内にもあちこちにバッテンアヒル目玉のアヒルが飾られています。

📷 上、ブラジルアの巨大アヒル。  下、サンパウロ工業連盟のビルの前にも大アヒル。

一方、今月は来年からの給与体系を巡って色々な業界がストライキを打っており、銀行従業員組合も二週間に亘って窓口業務を停止しています。

📷

パウリスタ大通りには沢山の銀行オフィスがありますが、各オフィスの建物にはストライキ中であることを示すGreveのシールがべたべた貼られていますが、これが毎日剥がされて、次の朝にはまた貼られ、という不毛の作業が続いています。貼るのも剥がすのも専門の作業員が居るようで、それなりに仕事を提供していると言う訳です。

さて、10月は乳癌撲滅運動の月であること、前にも書きましたが、今週末はニューヨークでエイボンウォークという啓蒙運動が行われています。ペルーのリマでも同じタイミングでこのイベントがありましたが、何故かサンパウロではエイボンの製品が売れていない所為か、この行事は行われていません。

目的が不明確な一般税の引き上げに反対する気持ちは理解できますが、乳癌撲滅という明確なメッセージを持った行事には前向きに参加したいもの。日本ではNHKの放送受信料がマイナンバーで自動徴収になるか?といったことで議論があるようですが、Pagar o Patoの為には何のために何故いくら負担するのか?をハッキリと示して欲しいものですし、そうした努力が汚職まみれのブラジルを変えてゆく原動力になると期待しています。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page