top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉  latrocínio(ラトロシニウ)=強盗・強奪  英:robbery  西:robo

2015年8月1日

今週は久々に出張で北米に出向いていたので、土曜の今朝になって各紙のニュースをチェックしています。

その中で目に付いたのが無料新聞Metro紙の火曜日の記事。

「Roubo ao banco sobe e latrocínio recua」(銀行強盗は増加するも、窃盗は減少)と言う見出しで、これによると路上での強盗やスリ・置き引きなどの一般窃盗は減っている傾向にあり、昨年減少した銀行強盗が増加傾向にあるとのこと。

しかし、グラフを見る限り減っているとは言うものの、第一四半期だけで一般窃盗が87,611件(昨年98,897)、自動車強盗が19,027件(昨年26,420)、傷害強盗が58件(昨年76)で、銀行強盗が47件(昨年38)で、いずれも治安環境の改善を示す程ではありません。


別の記事ではブラジルの大都市在住者の8割以上が自分が殺人事件に巻き込まれるリスクありとの懸念を抱いており、この数字は昨年は65%だったとのことなので、肌感覚としてはブラジルの治安は寧ろ悪化している、と考えられるようです。


今日ご紹介するlatrocínioという単語、あまり普段耳にする機会が無かったように思えます。辞書には強奪・強盗と書かれていますが、添付のグラフのイメージから、傷害強盗という意味なのではないか?と思われます。一般的にはスペイン語と似たroubo(ホウボ)やfurto(フルトゥ)の方が使われている様で、路上でひったくりやホテルで物取りに遭ったら、これらの単語を大声で叫ぶか、Ladrão(ラドロン=泥棒)と言って騒げば周囲の人は気付いてくれます。


いずれにしても、ブラジルのみならず、日本以外の外国は治安の状態が安全な日本とは全く異なりますので、訪問する先々での「泥棒」と言う単語を覚えておくかメモしておくことは身を守る上で重要なアクションの一つです。


latrocinioと言う単語、スペイン語にもありますが、窃盗・盗み癖という訳になっていて、今まであまり聞いた覚えもないので、やはり特殊な言い回しなのかも知れません。ご存知の方が居られたら教えて下さい。


実は今日から新しいWindows 10を使っていますが、まだ劇的に何かが変わった、と言う印象はありません。

確かに最初の画面が統一されたのは大変便利で、スッキリした印象にはなっています。

最近はネット上で情報を盗み取る事件も多発していて、OSが改良されたことでそうした事件に対応できるようになるのであれば有難いことと思っています。

ただ、ネットでの窃盗は寧ろ日本の方が先行しています。南米にもオレオレ詐欺はありますが、これも日本は先進国、ネット上でのラドロンやロボにはくれぐれもご注意を!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page