top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉 ciclovia(シクロビア)=自転車専用レーン 英:cycleway 西:ciclovia

2014年11月8日

カラカスやリマでもそうでしたが、サンパウロでも渋滞は大きな社会問題の一つ。

その緩和策として、サンパウロ市は市内の主要道路に自転車専用レーンを設置して自動車からの乗り換えを奨励しています。


今週のMetro Newsで見つけた記事は、Tietê川に架かる橋にも専用レーンが設置されたというモノ。

「São Paulo ganha primeira ciclovia sobre ponte」(サンパウロ初の橋上自転車専用レーン登場)

既に市内で総延長106㎞の専用レーンが設置されているとのことで、これを来年中に400㎞にまで伸ばすのが市の計画です。

日曜にパウリスタ通りの一部が自転車専用レーンになることは以前書きましたが、市内のあちこちに写真のような常設専用レーンが設置されています。

📷

リマでも専用レーンの整備がされて、日本よりも進んでいると言う印象を受けましたし、自分でも自転車を買って週末にサイクリングを楽しんでいました。(日曜はCiclodia=自転車日と称して大通りAv.Arequipaが自転車と歩行者に解放されています。)


ただ、サンパウロはリマと違って坂の街。丘陵の尾根でほぼ平坦なPaulista通りだけなら良いですが、ここに至るには何処からでも登坂になっていて、通勤に自転車を使うのはかなり大変だろうと思います。


会社によっては着替え用のロッカーやシャワーが整備されていて、自転車通勤を積極的に奨励しているところもあるようです。


ところで、今週はほぼ毎日曇りで、水曜日はほぼ一日中雨が降っていました。昨夜も激しい雷雨になって、漸く待望の雨期が来た模様です。


テレビや新聞では毎日のように市の水源Cantareira水系の水枯れを報じていて、節水を呼び掛けていますが、この雨が纏まって降ってくれることを切望するばかりです。

📷

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Kommentare


bottom of page