top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉(予告編)  folha(フォリャ)=葉、紙片、新聞  英:leaf 西:hoja

2014年4月27日

5月にサンパウロへの転勤が決まり、日本に行ったりブラジルに行ったりとしていた為に、ここ数週間のペルーの言葉が変則的になっていました。 88年9月にベネズエラで始めた情報発信ですが、南米三か国目の赴任地はこれまでのスペイン語ではなく、ポルトガル語と言うことで、言葉の勉強も一から始めなければならない状況です。 とは言っても、同じラテン語系の言葉なので単語や文法に類似性はあり、新聞などを読む限りにおいては、なんとか頑張れる気持ちになります。 たとえば今日ご紹介するFolhaと言う単語も、読み方はフォヤでスペイン語のHoja(オハ)と似ていなくもありません。(かなりコジツケ的でしょうか?) このFolhaと言う単語は、サンパウロで発行されている主要紙の一つ「Folha de S.Paulo(サンパウロ新聞)」から見つけたもの。 ベネズエラでは

「El Universal(全世界、宇宙)http://www.eluniversal.com/」と

「El Nacional(全国) http://www.el-nacional.com/

「Ultimas Noticias(最終報告) http://www.ultimasnoticias.com.ve/

の三紙が主要全国紙、

コロンビアでは

「El Tiempo(時間) http://www.eltiempo.com/」が主要全国紙、

エクアドルもペルーと同じ

「El Comercio(商業、取引)http://www.elcomercio.com/」と

「Hoy(今日)http://www.hoy.com.ec/」の二紙、

南米の先進国チリですら主要紙は「El Mercurio(水銀)http://impresa.elmercurio.com/pages/LUNHomepage.aspx?BodyID=1&dtB=26-04-2014」と「La Tercera(第三)http://www.latercera.com/」となっていて、

主要紙のタイトルに都市名が入ったメジャー紙はアルゼンチンの英字紙「Buenos Aires Herald http://www.buenosairesherald.com/」程度であることが判ります。 一方で、サンパウロには

「O Estado de S.Paulo(サンパウロ州)http://www.estadao.com.br/

と言う都市名を冠した主要紙が複数存在し、

また「ニッケイ新聞http://www.nikkeyshimbun.com.br/index.html」や

「サンパウロ新聞http://www.saopauloshimbun.com/」と言った日本語新聞すら存在します。(ペルーにも「ペルー新報」と言う日本語新聞がありますが、ネットサイトは無く、日系人コミュニティ同人誌という雰囲気です。) 何を言いたいか?と言うと、大国ブラジルでは聖都圏(ブラジリアが首都なので、サンパウロは首都では無く聖都)だけでも多くの新聞が発行されていて、情報量も膨大であるということ。 勿論、ペルーでもタブロイド系の新聞は極めて多くの種類の新聞が発行されていますが、主要紙と呼ぶには内容が不足していることは、これまでもお伝えしてきた通り、それに比べ聖都のFolha紙やEstado紙だけでも非常に読みごたえがあり、これらを読みこなすのには相当の労力と知識が必要とされると思われます。 これまで5年半に亘って、週末の趣味に加え、言葉や文化の研究として新聞を読み、その内容を個人的に関わりのあった皆さんに配信してきましたが、間もなく区切りのつく二年足らずのペルー駐在終了を機に、配信先の見直しを行い、ご興味を持っていただいた方のみに、ブラジル版をお送りしようと考えています。 情報過多の今の時代、迷惑メールだけでも相当量が発信されており、この「言葉シリーズ」も相当の皆様にとっては単なる迷惑であったろうことは想像に難くないものの、ともかく日本から遠い南米の文化や風習を理解していただこうと、ご迷惑を承知の上、強引に送り続けてきた訳です。 この反省から、ブラジル版に関してはベネズエラ版やペルー版に対するご反応を頂いた方々のみにお送りさせて頂きますこと、ご迷惑のお詫びかたがたご連絡いたします。 今週のペルーのニュースですが、ランボルギーニを乗り回していた麻薬マフィアがメキシコの殺し屋に射殺された話や、71歳のポールマッカートニーの国立球技場でのコンサートが目玉だった様です。 http://elcomercio.pe/lima/policiales/sicarios-mexicanos-habrian-acribillado-hombre-surquillo-noticia-1725115 http://elcomercio.pe/luces/musica/paul-mccartney-10-mejores-momentos-su-show-lima-noticia-1725395 リマの気候は4月の下旬を迎えても晴天の日が多く、ブラジルで発見されたと言うブーゲンビリアの苞葉が美しく変化し、町の様子をカラフルに飾り立てています。(花と勘違いする方が居ますが、綺麗なのは葉Folhaです。) [image: la foto 1.JPG を表示しています]

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

ความคิดเห็น


bottom of page