top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

ブラジルの言葉 ônibus (オニブス)=バス 英:bus 西:autobus

2014年6月7日

出張でサンパウロから西南西役400kmに位置するParana州の州都Curitiba(クリチバ)に来ています。 ここは日本人やドイツ人の移民子孫が多いとの事で、街の入り口に日系移民が建立したモニュメントや市内中心地に日本公園Praça de Japão があり、何となく親しみのわく環境です。

ブラジル先住民言語であるTupi語で「マツボックリの地」を意味する人口180万人のクリチバの街は、サンパウロ(人口1100万人)と比べると、全体的にゆったりした造りになっていて、交通渋滞も然程激しくありません。

この渋滞解消に役立っているのが公共交通機関であるônibusです。 地元の新聞Gazeta do Povo(直訳すると"人民新聞")に付いてきたW杯用街のガイド冊子によると、料金は何処まで乗っても一律R$2.70(125円)で、車体の色で行き先が判別出来るそうです。(なのにバス路線図がガイドに載っていません。)

バスは1970年代に整備された専用のレーンを走っており、これが渋滞を緩和する効果を発揮している様で、これを発案して導入したのはクリチバ最初の日系市長なのだそうです。

オニブスのôniと言う部分は英語やスペイン語のomniに相当し、「全ての」と言う様な意味合いを持ちます。全ての人を載せるからなのか、全ての方向に行くからなのか、判りませんが、スペイン語でもBus(ブス)で通じていたバスの呼び方が些かややこしくなっている様にも思えます。(ポルトガル語ではバスは何処でもオニブスです。)

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page