top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 tolerancia(トレランシア)=寛容・忍耐 英:tolerance 葡:tolerancia

2018年2月24日

先月は中小の運送業者によるストライキがありましたが、今週はタクシー業界がウーバー導入に反対してストを打つという予定が組まれていました。

これに備えて新学期が始まった公立の学校では、休校措置も検討されたものの、ストの影響で遅刻しても寛容に処置をするように、との通達が出され、結果としてストそのものも回避されました。

パラグアイの良い部分は沢山ありますが、この寛容さは大きな魅力の一つ。


大使館の次席である公使参事官が帰任されるので、各種団体が送別会を開催しましたが、送別会が多すぎてもご本人のご負担が増すばかり、ということで複数の団体が共同で開いた送別会に出席しました。

そもそも、パラグアイへの日本人移民歴は82年目ですが、他の南米諸国の歴史と比べても、日本人の受け入れに寛容であったように思われ、今日でも人種差別のような言動を受けることはほぼありません。

また、古くから居る方々が新しく入ってきた人に寛容なのもこの社会の魅力の一つ。他の南米の大国では、時々感じる差別意識が本当に少ないのがパラグアイの魅力です。

一方で、寛容さがルーズさに結び付くこともありがちで、早く仕事を進めるためにお金を要求される場面もあるようで、先週発表された汚職ランキングでは、メキシコやドミニカ・ホンジュラスと並んで135位という不名誉な順位を付けられました。ブラジルとペルーが96位、相当反省の必要はあります。

汚職追放に関しては、寛容さを見せない毅然とした態度も必要ですね。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page