top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 sorteo(ソルテオ)=くじ・抽選 英:lottery 葡:sorteio

11月もあっという間に下旬となって、九州場所ならぬ11月場所も千秋楽を迎えてしまったので、明日から暫く早起きの愉しみがなくなりました。というのも、日本との時差が12時間となっている10月から3月までの間に開催される11月の九州場所、1月の初場所、3月の春場所@大阪は、5時に起きれば幕ノ内後半戦が生で観られるので、早朝目が覚めるオジサンにとって朝の日課になるのです。 季節の話題として、コロナ禍であってもやってくるのがクリスマスですが、パラグアイでは12月8日にクリスマス前の重要な宗教行事であるCaacupé大聖堂への巡礼歩行Peregrinación a Caacupéが行われますし、青年たちが集まるPeregrinación de jóvenes a Caacupéは来週の土曜日にオンライン開催されることが決まりました。 https://www.youtube.com/watch?v=R2V_yGXtnqU ↑昨年改修を終えたCaacupé大聖堂の映像 若者達は普通の巡礼者たちより早く聖堂に到着して、ミサを受けたいということから、毎年二週間ほど早い集会が行われていることに対応するオンライン行事、主催者も宗教の新しい在り方を模索しているようです。 また、街のクリスマスムードも少しずつ盛り上がって来て、市内のショッピングセンターでは恒例の歳末セールに向けたクジの賞品の発表がされて、冷え込んだ消費マインドを回復させようと頑張っています。 だいたい南米の国々の年末セールのクジの賞品は自動車と相場が決まっていて、どんな車種が当たるか?でそのショッピングセンターの”格”が判るのですが、アスンシオンで一番高級とされるShopping del Solの今年の賞品はなんと、イタリアの高級車Maserati社のSUV Levante350で、既に店頭で公開されています。 https://www.shoppingdelsol.com.py/eventos/navidad-para-volver-a-empezar Levanteという単語、スペイン語では東の方向を意味しますが、ラ米諸国では誹謗中傷とか、うそ・デマなんて言う意味でも使われているようで、この賞品がウソでないことを信じて、ささやかな夢を抱いて買い物に出掛けてみようと思います。 今日のLa Nacion紙の表紙には、新型コロナウィルスのワクチン開発競争が激化しているという記事がトップで掲載されています。 Carrera=競争という単語も有名なスポーツカーの名前になっていますね。 道路面の状態があまりよろしくないアスンシオン市内では、車高の低いスポーツカーは本来走りにくいものなのですが、ここ数年の間に車高の高いスポーツSUVが激増しています。Carreraの会社のSUVであるCayenneも、今や毎日どこかで必ず見かける人気車種になっていて、クジの景品の競争でも、より希少性の高いクルマが選ばれたということの様です。 Cayenneというのは南米の北辺、フランス領ギアナの首都の名前、ここから欧州に輸出された赤唐辛子の刺激が車名の由来という説もあります。 とにかく、新型コロナウィルスをやっつけるピリッと効き目のあるワクチンが早く出来ることを期待しましょう。 出来上がっても暫くの間は抽選で当たらないと接種されないとは思いますが。 添付ファイル エリア YouTube 動画 Imagen renovada de la Basílica de Caacupé をプレビュー Imagen renovada de la Basílica de Caacupé


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comments


bottom of page