top of page
  • 執筆者の写真Kaz Suzurida

パラグアイの言葉 restauración(レスタウラシオン)=復興・修復 英:restoration 葡:restauração

今週はマラドーナ逝去というニュースで持ち切りの中南米だったと思います。 水曜日の昼食時に中日新聞が南米のどのサイトよりも早く第一報を報じて来て、その日の午後だけでなく、週末までどこの局も何かにつけてブエノスアイレスからの実況と昔の映像を流していました。 ところで、木曜日は米国の感謝祭、金曜日がブラックフライデーで、今や日本でも安売りの日としてハロウィーンと同様に定着してきていますね。 パラグアイにはGo toトラベルはありませんが、Booking.comがブラックフライデーセールということで宣伝を送ってきたので、市内のホテルを検索したところ、面白い宿を見つけたので予約して出かけてみました。 この宿は昨年5月に旧市街地区でオープンしたばかりのPalmarogaホテル。1901年にアスンシオン市役所として建てられ、市役所が市の東側に移転した後は永年に亘って放置されていたものの、スペインのGrupo Barcelonaという会社が朽ちかけた建物を修復、更にホテル棟を新築して出来た建物。 日本で言うと丸の内の旧工業倶楽部や東京中央郵便局、明治生命ビルや第一生命ビルなどが元々のイメージを残したまま高層ビルになったのと同じ改築手法、パラグアイでは初めての試みであることから、以前から興味を持っていました。 https://www.youtube.com/watch?v=AAu6SZ05Ma0 今回のセールは、一室二名朝食付で約5,000円で歴史的建築物に宿泊できるという、建築オタク心を揺さぶるものでした。 https://www.palmaroga.com/ 旧市役所庁舎ということで、大統領府Palacio de Lópezから僅か3ブロック=徒歩5分の距離、屋上からの眺望はパラグアイ港や建設中の合同庁舎エリア、サンヘロニモの丘(Loma San Jerónimo)等の観光スポットに近く、昔のパラグアイの雰囲気を知るのに最適の立地。 このホテルは今年3月にパラグアイに不法入国して逮捕されたブラジルのRonaldinho選手が8月まで拘禁されていた場所でもあり、マラドーナが亡くなった週末をロナウジーニョが半年近く缶詰になった宿で過ごせたのは、面白い経験だったと言えます。 ここ数年の間に古い建築を模して新築した素晴らしいホテルが出来ていますが、文化遺産としての価値はPalmarogaに軍配が上がります。 折角なので、今のアスンシオンでお勧めするその他のユニークな宿も御紹介します。 La Mision Hotel Boutique http://la-mision-boutique.asuncionhotelspage.com/es/ ご結婚問題で今週も話題となった眞子内親王殿下が、2016年の日本人移住80周年記念行事でパラグアイを御訪問された時に宿泊された、今のパラグアイで最も格式ある宿。古風な外観と内装ながら、2015年に出来たばかりの新築の建物。 Factoria Hotel http://www.factoriahotel.com.py/ アルゼンチンCorrientesにあるLa Alondra Casa de Huéspedesというホテルの二号店として2017年に開業したもので、これはLa Misionより更に古い内外装ながら、やはり完全な新築物件。各地のアンティーク材料を使って築百年超のイメージを醸し出している。 Nino Hotel Boutique https://ninohotelboutique.com/ こちらは今年1月に開業したものの、コロナ禍の直撃を受けて正式オープンされていないものの、Palmarogaと同様に古い紡績工場の建物を修復・改装して出来た建物。同じ建物の中にホテルのオーナーColaso Bo氏が腕を揮うイタリア料理レストランTrattoria Tonyがあり、美味しい料理を楽しみ、たっぷり飲んでも歩いて直ぐに部屋に入れる嬉しい設計。 Las Lomas Casa Hotel https://www.laslomascasahotel.com/ 古い屋敷を改装して2016年にホテルとして営業を開始したもので、Musiuというフレンチレストランを併設。今回御紹介した中では一番小ぢんまりしているものの、静かな住宅街の中にあって周辺を散策するのも楽しい。 以上、改めて書いてみると、今のアスンシオンの大きな魅力は古い建物を修復したり古めかしく作った新しい建築が観られること。 世界中の観光業や飲食業・交通関係の業種がコロナ禍で大変な打撃を受けていて、まだ暫く厳しい状況は続きそうですが、世界経済がコロナ不況から復興した暁には、是非パラグアイにも足を運んでみて下さい。 ビジネスチャンスだけでなく、食べたり飲んだり泊まったりする愉しみも魅力であることを認識できます。 添付ファイル エリア YouTube 動画 ASUNCIÓN DESDE EL HOTEL PALMAROGA をプレビュー ASUNCIÓN DESDE EL HOTEL PALMAROGA


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パラグアイの言葉 fiscal(フィスカル)=検察 英:prosecutor 葡:promotor

今日10月10日はパラグアイの統一地方選挙の投票日。 全国で261の市長ポストを巡って814人が立候補、2,781の市議会議員ポストには30,802人が立候補して激しい選挙戦を繰り広げてきました。 首都アスンシオンでは4人の市長候補が立候補して成長著しいパラグアイの中心を如何にリードするか、という点で色々な政策を打ち出して個性を競っています。 有力候補とされているのは2019年に前市長Mario

パラグアイの言葉 abundancia(アブンダンシア)=大量・豊富 英:abundance 葡:abundância

いよいよ2021年も最終四半期の10月を迎えました。 今日10月3日から、パラグアイではサマータイムが適用され、時計を1時間進めて、日本との時差は12時間になりました。 日本人は1月1日に雑煮を食べて正月を祝いますが、パラグアイでは10月1日にJopará(或いはYopará ジョパラ)という煮込み料理を大量に作って振舞う習慣があります。 https://www.abc.com.py/tv/a-l

パラグアイの言葉 aglomeración(アグロメラシオン)=塊・群衆 英:agglomeration/crowding 葡:aglomeração

先月末日本でも音楽フェスでの大群衆が大問題になりましたが、制限緩和が始まったパラグアイでもあちこちで無防備な群衆が発生していると報道されています。 以下の写真は首都近郊の町での選挙活動の際に集まった群衆。 https://www.abc.com.py/nacionales/2021/09/25/aglomeracion-y-cero-protocolo-en-evento-de-candidato

Comentarios


bottom of page